【横浜】雌伏の時を経て「やっとスタートを切れた」扇原貴宏の期する想い

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年05月20日

「なかなか試合に出られず、悔しい想いをしていた」

システム変更に伴い、神戸戦はベンチスタートとなった天野に代わり、キャプテンマークを巻いてプレーした。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 2ボランチの相棒、喜田との関係性も問題なかった。ふたり同時に攻撃的に振る舞って守備を疎かにしたり、逆に引きすぎて攻撃陣のサポートが遅れたり、あるいはサイドに引っ張られて中央のエリアを無防備に空けてしまうような状況もほぼなかった。つまり、上手くバランスを取りながら、中盤を構成できていた。
 
「そんなに役割分担をしているつもりはなかった。お互いがお互いを見ながら、空いているポジションに入ったり。ふたりともサボらず、バイタルエリアもしっかりケアできていた。それぞれで、この役割をしようって特に決めていなかったのが、逆に良かったと思う。よくしゃべるし、よく目も合わせる。そのへんはスムーズにできていましたね」
 
 ある意味、ライバル関係にある扇原と喜田だが、一緒にピッチに立てば息の合ったプレーを披露し、状況に応じて臨機応変に対応して勝点3を手繰り寄せた。
 
 今後、2ボランチがスタンダードになるかは分からない。再び、アンカーの二番手としてベンチに控えるかもしれない。ルヴァンカップではコンスタントに出場機会を得ていたが、リーグ戦では先述したとおり、我慢する期間が長かった。
 
「去年の終わりぐらいからゲームキャプテンをやらせてもらったりして、今年に懸ける気持ちは強かった。でも、なかなか試合に出られなくて、毎日、悔しい想いをしていた」
 
 それでも、ふてくされるようなことはなかった。「チームのため、F・マリノスのためと思って、練習していました」。
 
 そんな日々が報われる形となった神戸戦だった。札幌戦での不甲斐なかった自分を顧みて、叱咤し、準備を怠らなかったからこそ、勝利に貢献できる活躍を見せられたのだろう。
 
 ただ、本人が言うように、まだスタートラインに立ったばかり。“ラストチャンス”をモノにした扇原は、これまでと変わらぬ熱意を胸に秘めてサッカーと真摯に向き合いながら、悲願のタイトル奪取を誓うチームを力強く引っ張ってくれるはずだ。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ