【横浜】最多得点の名古屋も大いに困惑!? 懐の深さを示した“守備の駆け引き”

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年04月14日

対戦相手や状況に応じて柔軟に対応し、修正を施す

攻撃重視の横浜だが、名古屋戦は守備のリスク管理を徹底。アンカーの喜田(中央)は優れた危機察知能力でピンチを未然に潰した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1第7節]横浜1-1名古屋/4月13日/日産ス
 
 失点はPKによる1点のみ。決定的なピンチもあったが、GK朴一圭のファインセーブもあり、追加点を許さなかった。
 
 ホームに迎えた名古屋は、リーグトップの得点力(14点/6節終了時)を誇るチームだ。そんな難敵に対し、攻撃的なサッカーを標榜する横浜が流れの中からゴールを割らせなかった点は評価したい。
 
 前半の途中には、プレーが途切れたタイミングで、アンカーの喜田拓也がタッチライン際でスタッフたちと話し合う姿があった。
 
「ビルドアップのポジショニングと、あとはリスク管理のところですね。(名古屋の攻撃陣は)けっこう攻め残っていたので。2トップに加えて、両サイドハーフも戻らない時があった。そうなると、人数が足りなくなる場面もあったので、そこで誰を下げるかを確認していました」
 
 名古屋からすれば、2トップと両サイドハーフの計4人が攻め残れば、必然的に自分たちの守備が手薄になる。横浜にとっては人数をかけて押し込むチャンスでもあるが、そこで不用意なボールロストがあれば、一気に形成は不利になる。
 
 仕掛けると同時に、守備の準備をする。「押し込んだ時に、引っ掛けられて、(攻め残っている選手に)スパーンとつけられたら、もう数的不利になる」(喜田)。そんなシチュエーションも想定しながら、横浜は中盤の攻防で人員をしっかりと確保し、名古屋の攻撃力を低減させるように努めた。
 
 名古屋戦は1-1と勝ち切れなかった。序盤にビハインドを背負うも、前半のうちにマルコス・ジュニオールのゴールで追いつき、後半は攻勢を強めていくつかの決定機を作れていただけに、悔しい結果だったと言える。ただ、リーグ屈指の攻撃力を持つ相手に対し、“守備の駆け引き”で隙を見せず、手堅く戦い抜いて敗戦は免れた。
 
『アタッキング・フットボール』というスタイルはブレていないが、対戦相手や状況に応じて柔軟に対応し、修正を施す――勝点1しか得られなかったとはいえ、懐の深い戦いぶりだった。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【横浜FM 1-1 名古屋 PHOTO】白熱の攻防戦は両ブラジル人FWがネットを揺らすも決め手を欠きドロー終了・・・

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト8月22日号
    8月8日発売
    真のキーマンは!?
    J1全18+J2注目4クラブ
    2019年夏「戦術ガイドブック」
    札幌&柏ダイジェストも必見!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月19日発売
    2019-2020シーズン
    プレミアリーグ
    選手名鑑&開幕ガイド
    全20クラブを完全網羅!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ