【J1展望】清水×浦和|両チームとも主力に怪我人が続出。“平成ラストマッチ”を勝利で締めくくるのは?

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2019年04月27日

浦和――韓国遠征の疲労が不安材料。早めの交代もあるか

故障者/清水=石毛、竹内 浦和=ファブリシオ、柏木、橋岡
出場停止/清水=なし 浦和=なし

画像を見る

J1リーグ9節
清水エスパルス-浦和レッズ
4月28日(日)/16:00/IAIスタジアム日本平
 
浦和レッズ
今季成績(8節終了時):6位 勝点14 4勝2分2敗 6得点・7失点
 
【最新チーム事情】
●神戸戦の負傷で柏木と橋岡が離脱。
●良い位置でボールを奪うことが攻撃につながる。
●西川は守備のポイントに中盤のプレスバックを挙げる。
 

【担当記者の視点】
 前節の神戸戦で柏木が右ハムストリング、橋岡が左ハムストリングをそれぞれ痛めて欠場が濃厚。中盤は長澤や柴戸、右サイドは森脇、宇賀神、岩波といった選手のなかから試合までに選考することになるだろう。韓国遠征明けで疲労も溜まり始めているだけに、交代策も早めの動きが想定される。
 
 現状、試合数を下回る失点数で進めている一方、得点数も同様。そうしたなかで槙野は「ラインを下げずプレスを掛けて、前に負担を掛けないこと。ゴールに近い位置で奪う回数を増やしたい」と話した。押し込まれた状態からマイボールが始まる状況を打開したい。
 
 昨季は敵地での対戦を3-3で引き分け。中盤の流動的な動きに手を焼いた相手だけに、西川は「自分を越えたボールにプレスバックすることが必要でボランチの役割になる。ハードワークが不可欠な試合」と、守備面のポイントを挙げた。
 
 キックオフ時間からも平成最後のJリーグの試合。オズワルド・オリヴェイラ監督は「結果として最後のゴールを挙げて勝者となれれば誇らしい」と、勝利を誓った。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ