U-20W杯まであと1か月!安部裕葵、橋岡大樹ら擁するヤングジャパンの仕上がりは?

カテゴリ:日本代表

小室功

2019年04月18日

迫力満点のセットプレーは重要な得点源になり得る

192センチの三國ら長身選手が揃うU-20代表のセットプレーは可能性を秘めている。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 CKでは直接ボールを送り込む形とともに、ひと工夫を加える形もあり、実際にチャンスを創出していた。42分に得た左CK。安部がタッチライン際にポジションをとっていた東俊希(広島)にいったんリリースし、そこから鋭いクロスを上げて三國のヘディングシュートにつなげた。
 
 惜しくもゴールには至らなかったが、迫力満点。セットプレーはU-20日本代表の重要な得点源になり得るのではないか。
 
 しかしながらグループステージでぶつかる3か国――南米予選を1位で通過したエクアドル、育成年代からの指導に定評のあるメキシコ、そして何だかんだいっても古豪のイタリアと、曲者ぞろいだ。中盤の構成力では引けをとらないとはいえ、守備に回らされる時間が多いのではないか。
 
 FWの宮代大聖(川崎)は「確かに相手は強いけれど、そういう展開になっても焦れずに戦おうと、みんなで話し合っている。引いて守ってカウンターではなく、できるだけ自分たちがボールを持って攻めたい」と、負けん気をのぞかせた。

 相手がポゼッションし、攻めてくるということは背後にスペースができやすい。ボールを奪ったあとの、最初のアクションで、いかに有効な攻撃を仕掛けられるか。その精度が勝負を分けるひとつのカギになるのではないか。
 
 トレーニングマッチの視察に訪れていた日本代表の森保一監督は「世界の舞台で、個々のクオリティーや武器をどんどん見せてほしい」と将来を嘱望される選手たちにエールを送った。
 
 1999年、ナイジェリアで行われたワールドユース(現・U-20ワールドカップ)で、日本は準優勝に輝いている。あれからちょうど20年、ポーランドの地でどんな成績を残すか。
 
 5大会ぶりに出場した韓国での前回大会で、日本は堂安律、久保建英、冨安健洋らを擁し、ラウンド16まで進んだ。今回もまたそこが現実的な目標になるだろう。
 
取材・文●小室功(オフィスプリマベーラ)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ