【U-20日本代表】安部裕葵と郷家友太が”口を揃えて”語る世代別代表のメリットは?

カテゴリ:日本代表

志水麗鑑(サッカーダイジェスト)

2019年04月16日

若手は所属クラブで出番を得るのが難しいが…

鹿島の安部が国内合宿について語った。写真:徳原隆元

画像を見る

神戸の郷家は試合勘を取り戻そうとしている。写真:徳原隆元

画像を見る

 5月23日からポーランドで開催されるU-20ワールドカップが、約1か月に迫っている。U-20日本代表は本大会に向け、4月14日から16日に千葉県内で国内合宿を実施。21名のメンバーが集まった。
 
 世代屈指の才能が集った今回の合宿だが、この年代特有の問題が所属クラブでの出場機会だ。浦和の橋岡大樹や横浜FCの斉藤光毅などを筆頭に、確かに安定した出場機会を得ている選手もいる。だが、鹿島の安部裕葵が「それぞれのチームで若いと出るのも難しい」と言うように、出番を得られずに苦しんでいる若手は多い。
 
 今回の合宿について安部は「良いリフレッシュになりますし、刺激ももらいます。みんなもサッカーを素直に楽しんでいる感じもあります。そういうエネルギーのある人たちといるのは絶対に良いことですし、すごく楽しいですよ」と言う。
 
 安部の言うメリットを身に染みて感じているのは、神戸の郷家友太かもしれない。「怪我で、まず自チームでサッカーができていなかったので、怪我明けで呼んでくれたことにすごく感謝しています。こうやって同年代と久しぶりにサッカーができるので、すごく楽しいです」と述べた。
 
 さらに郷家は、「僕に関しては、(所属クラブで)メンバー争いが激しい。ベンチには入っているんですけど、上手く試合に関わることができていないので、こうやって自分の世代の代表に入って試合ができるのがすごく楽しいです。初心に戻れるというか、試合勘を取り戻せるところだと思っています」と話す。今季は神戸でビジャなどが加入した影響で出場機会を減らしているだけに、世代別代表の活動は大きいようだ。
 
 いずれにせよ、まずは本大会のメンバー入りが目標となる。若き代表のアピール合戦に注目だ。
 
取材・文●志水麗鑑(サッカーダイジェスト編集部)

【U-20代表合宿 PHOTO】U-20W杯メンバー入りへのサバイバルレースが開始

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ