【現地発】批判、嫉妬、威嚇、除け者、孤独…アルゼンチン代表はメッシに苦難しか与えない

カテゴリ:ワールド

エル・パイス紙

2019年03月25日

サッカー協会は金儲けの道具としか。

スカローニ監督の下で世代交代に着手しているアルゼンチン。メッシと同世代の選手は随分と少なくなった。(C) Getty Images

画像を見る

 はみ出し者扱いされるルーキーから、周囲が畏怖の念を抱く孤高の存在へ。アルゼンチン代表におけるメッシは常に孤独だった。

 本来はそうした状況をサポートしなければならないアルゼンチン・サッカー協会(AFA)は、メッシのネームバリューを利用して金儲けに勤しむばかり。その間、監督の首は次々と挿げ替えられ、ブラジル大会以降、ヘラルド・マルティーノ、エドガルド・バウサ、ホルヘ・サンパオリ、そして現在のリオネル・スカローニと実に4度の政権交代が起きている。

 前述のベネズエラ戦では、昨年のロシアW杯で一度も一緒にプレーしなかった選手がスタメン中7人(レアンドロ・パレデス、ジオバニ・ロ・チェルソ、リサンドロ・マルティネス、ラウタロ・マルティネス、ピティ・マルティネス、ファン・フォイ、ゴンサロ・モンティエル)を占めた。そんななかで孤軍奮闘する姿は、メッシの代表チームにおける状況を象徴しているようでもあった。

 パサレラのように批判する人物はいまだに絶えないが、メッシはデビュー以来、周囲の期待を一身に背負いながら同時に批判も集めるという不条理な運命に抗い、懸命に迷走を続けるチームを支えてきた。その状況は約9か月ぶりに復帰した現在も一向に改善されていない。

 繰り返しになるが、アルゼンチン代表はメッシにとって苦難の場所であり続けている。それを百も承知の上で、唯一無二の大エースは、再び過酷な戦いに挑もうとしているのだ。

文●ディエゴ・トーレス(エル・パイス紙)
翻訳:下村正幸
※『サッカーダイジェストWEB』では日本独占契約に基づいて『エル・パイス』紙の記事を翻訳配信しています。

 
【関連記事】
【現地発】メッシが「パーフェクト」と称賛したバルベルデ監督。歴代指揮官となにが違うのか?
メッシ、8か月ぶりの代表復帰も不発…ベネズエラに完敗のアルゼンチンに母国紙は「めちゃくちゃだ」と嘆き
バスジャックの犯人逮捕に活躍した少年にディバラが“粋すぎる”サプライズ!一体なぜ?
「歴代最強のCB」「エレガント」「メッシとの対決は忘れない」ネスタのタックル動画にファン熱狂!
メッシの完全クローン化は可能!? 遺伝子学の専門家の見解は? 「同じポテンシャルになるはずだが…」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ