【鹿島】内田篤人が語る「レジェンド小笠原の引退」、そして新時代の旗頭としての決意

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年02月14日

「勝ってきたから、鹿島なんですよ」

 これまで20ものタイトルを掴んできた輝かしい歴史と、連綿と受け継がれる伝統の継承者としての責任も強く感じている。
 
「もったいない、と思うんですよ。鹿島の空気というか、クラブが持つ“色”を、自分の世代で終わらせるのは、もったいない。その歴史を下の世代に引き継がないと。ジーコから始まり、本田(泰人)さんや秋田(豊)さんがいて、ビスマルクもそうだし、満男さんたちの黄金世代とか、そういう人たちがずっと勝ってきた。
 
 その歴史を終わらせるわけにはいかないし、鹿島でプレーしている選手はみんなそう思わなければいけない。他のクラブとは違うよと」
 
 鹿島の新キャプテンは、とにかくブレない。「何回も言っているけど、結果を出すしかない。優勝しないと、伝わっているとは言えない」と、“結果”の二文字を繰り返す。
 
 そして、何よりも鹿島というクラブのことを考えての言動が目立つ。「なんなんですかね」とつぶやいた後、こう続けた。
 
「自分は他のJのクラブに所属したことがないから分からないけど、鹿島を出て行った選手はみんな、鹿島が一番いいって言う。それはやっぱり、勝ってきたから。弱かったら、戻ってきたいと思わないですよね。勝ってきたから、鹿島なんですよ」
 
 新主将に任命された今季ももちろん、すべての試合で勝利を、すべての大会でタイトルを目指す。先人たちから引き継いだものを守るために、それを次世代に伝えるために――。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ