【鹿島】内田篤人が語る「レジェンド小笠原の引退」、そして新時代の旗頭としての決意

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェスト)

2019年02月14日

「あの人は“試合に出たいから辞めた”と思う」

引退した小笠原(左)からキャプテンを引き継いだ内田(右)。「自分は満男さんみたいにはなれない」と語り、だからこそ「自分のスタイルで行くべき」と決意を固める(写真は2018年開幕前のもの)。写真:徳原隆元

画像を見る

 昨年の1月、本誌サッカーダイジェストで内田篤人にインタビューした際、約7年半ぶりに古巣復帰した右SBは、こんなことを言っていた。
 
「鹿島には、(小笠原)満男さんみたいな人がずっといなければならない。それを期待されているのが、俺なのかなっていう。そういう存在にならないといけない」
 
 そして今オフ、小笠原が21年間のプロ生活にピリオドを打つ。小笠原が担っていた鹿島のキャプテンは、内田に引き継がれた。
 
 常勝軍団の象徴でもあった不世出のレジェンドの引退を、“選ばれし後継者”はどう受け止めたのか。
 
「鹿島のひとつの時代が終わったな、と思います。それだけの人だったし、タイトルを取り続けて、周りへの影響力も大きかったですからね」
 
 小笠原の最初で最後の“決断”に、内田は持論を展開する。
 
「昨シーズンは、ベンチから外れることも何試合かあったし、満男さん的には、サッカー選手として納得はしていないんじゃないかな。別にベンチでもいいと考えるなら、現役を続ければいいんだろうけど、あの人は“試合に出たいから辞めた”と思う。
 
 満男さんの性格的にも、引き際だと考えて、さっと引退したはず。もちろん周りの俺らが、まだ続けてほしいと思っても、俺らがそれを言ったところで、考えを変える人でもないですしね」
 
 内田が言うように、鹿島は小笠原の引退とともに、ひとつの時代に幕を下ろしたのだろう。ただ、それは同時に、新たなサイクルの始まりでもある。
 
 その先頭に立ってチームを牽引する立場になった内田は、「自分は、満男さんみたいにはなれないと思う。絶対に追いつけない」ときっぱりと言う。だからこそ、「変に真似をするのではなく、自分のスタイルで行くべき」と強い決意を口にする。

【内田篤人PHOTO】今季から主将を務める内田が鹿島を高みへ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト10月10日号
    9月26日発売
    全4135選手!
    都道府県別
    Jリーガー
    輩出ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月17日発売
    欧州81クラブの
    最新スタイルを総点検
    「戦術&キーマン」
    完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ