【ウズベキスタン戦|戦評】“控え組”が示した意地。勢いに乗る一勝も、真の総合力が問われるのは次戦以降だ

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年01月18日

課題はまだ残る

ウズベキスタン戦では武藤が貴重な同点ゴールをマーク。今後の試合でも輝けるか?写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 もっとも留意しなくてはいけないのは、日本もそうだったように、この日のウズベキスタンもメンバーを入れ替えていたということだ。日本は3連勝で勢いに乗れる可能性はあるが、決勝トーナメントで対戦する国は(ベスト16ではサウジアラビアと対戦)、この日のウズベキスタンのように張りのない相手ではないはずだ。

 さらに第1戦と第2戦で顕在化した攻撃の停滞感や大迫勇也を欠いた時の解決策が見つかったわけではない。ゴールを奪った武藤も、今後のシビアなゲームで結果を残してこそ、大迫の座を脅かす存在と言えるだろう。この試合でしか輝けないとなれば、チームの選手層がアップしたとは言い難い。
 
 長友も勝利を喜びながら、守備面の課題を口にした。

「修正はしなくてはいけないと思います。1対1、最終的に1対2の場面でやられているところはあったので、そこは今後、相手のレベルが高くなればもっと厳しくなります。1対1の部分で勝てるようにしなくてはいけないです」

 3連勝でグループリーグを突破し、出場機会に恵まれずにいた選手たちが活躍できた点は大きな収穫だ。しかし、真の総合力の高い集団となるためにはここからの一発勝負で、チームとしての厚みを示す必要がある。ウズベキスタン戦の勝利の価値は、今後の試合次第と言えるだろう。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ