「トップクラスの気品を示した」首位通過の森保ジャパンを海外メディアが激賞! 同点弾の武藤嘉紀にも賛辞|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月18日

ウズベキスタンに先制されながら逆転勝利!

武藤の値千金の同点ゴールがなければ、日本は苦しい立場に追い込まれていてもおかしくはなかった。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・グループリーグ第3戦]日本 2-1 ウズベキスタン/1月17日/ハリファ・ビン・ザイード・スタジアム

 2011年以来となる5度目のアジア制覇を目指す日本代表が、グループリーグ首位突破を果たした。

 第2戦のオマーンでグループ突破自体は決めていたこともあり、先発メンバー10名を入れ替えて臨んだ日本は、序盤から主導権を握ったものの、40分に速攻からショムロドフに決められて先手を取られてしまう。

 しかし、その直後の43分、右サイドを抜け出した室屋成が供給したクロスに武藤嘉紀が飛び込み、ヘディングでネットを揺らし、日本はすぐさま同点とした。

 迎えた後半は、一進一退の攻防が続くなか、日本は58分に逆転する。敵陣バイタルエリアでクリアボールを拾った塩谷司が左足一閃! 鋭い弾道のシュートがゴール右隅へと突き刺さった。

 この日、ボランチで先発起用された30歳ベテランの一撃でリードを奪った日本は、時間の経過とともに攻勢を強めるウズベキスタンの猛攻を見事に封殺。結局、2-1で白星を飾って、逆転でグループ首位通過を決めた。

 大きくメンバーを変えたなかで、難敵を相手に逆転勝利を飾った森保ジャパンについて、『Fox Sports Asia』は、「日本がトップクラスの気品を示した」と銘打ったサマリー記事を掲載。そのなかで貴重な同点弾を挙げた武藤を褒め称えた。

「この試合、森保監督はブレーメンのスター、大迫を休息させ、ニューカッスルのヒットマンである武藤をトップに据えた。プレミアリーグで十分なプレー機会を得られていない武藤はリズムをつかめずに、指揮官の試みが功を奏すのには時間を要した。しかし、日本が均衡を破られた3分後に、武藤は素晴らしいヘッダーを叩き込んだ」

 武藤を激賞した同メディアだが、あくまでチームの大黒柱は大迫であることを記している。レポートの最後は、「今日の武藤はまともなパフォーマンスを披露した。ただ、森保が決勝トーナメントで大迫ではなく彼を先発で起用するかは分からない」と締められた。

 何はともあれ、地力を見せつけての3連勝で。決勝トーナメントへと進んだ日本は、グループE2位(カタールかサウジアラビア)と対決することが決定。注目のラウンド・オブ16は、1月21日にキックオフを迎える。

【日本代表PHOTO】日本2-1ウズベキスタン|森保ジャパン、先制点を許すも武藤、塩谷の得点で逆転勝利! 3連勝でグループステージ首位通過

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ