「PK誤審が2度」「長友のハンド疑惑は明らか」"誤審PK"に韓国メディアも反応!イズワン主審とは過去に因縁も

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年01月14日

イズワン主審は2016年の韓国対カタールでも…

 また、「日本対オマーン戦の誤審マレーシア人審判、2016年に韓国対カタール戦の主審だった」(『亜州経済』)など、韓国との因縁に触れながらモフド・アミルル・イズワン主審の経歴を紹介するメディアもあった。
 
 振り返れば同主審は、2016年10月に行なわれたロシア・ワールドカップ・アジア最終予選の韓国対カタール戦(3-2で韓国勝利)でも、「カタールのハンドを見逃すなど呆れた判定をした」などと韓国メディアに叩かれていた。『亜州経済』は当時の騒動を「理解できない判定だった」と振り返っている。そのうえで、「日本選手もメディアも、誤審騒動のせいで16強進出を喜べなかった」と伝えた。

 オマーンに勝利して決勝トーナメント進出を決めた森保ジャパンだが、後味の悪い勝利だったというのが韓国メディアの見方であることは間違いなさそうだ。
 
文●李仁守(ピッチコミュニケーションズ)
 
参照元:『スポーツソウル』
長友の「ハンド疑惑」も明らか。またもやハンド論乱、審判レベルに疑問符


 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ