長友佑都が大迫不在、不完全燃焼に終わった北川に言及「彼は将棋で言うと…」「若手が生き生きプレーできないのは…」|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月14日

「彼だけの責任じゃなく、自分自身にもしっかり向けたい」と自省

2連勝で決勝トーナメント進出を決めたものの、選手たちはその戦いぶりには決して満足はしていない。長友も取材エリアでは反省の弁を述べた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジア杯グループリーグ第2戦]日本1-0オマーン/1月13日/アブダビ
 
 初戦に続き、なんとか1点差を逃げ切った森保ジャパン。決勝トーナメント進出を決めたとはいえ、各選手の表情は決して明るくはない。森保ジャパンで最年長となったベテランの長友佑都もミックスゾーンではオマーン戦の出来に反省の弁を述べた。
 
「チャンスを作られたシーンもあるし、カウンターを食らった時にマークにつけてなくて、100mをみんなが帰んなきゃいけない状況も多々あった。そういう微調整の部分を整えていかないと、決勝トーナメントは甘くないと思う」
 
 オマーン戦は、前線の柱である大迫勇也が不在。代わって北川航也が起用されたが、決して十分に機能したとは言い難いだろう。長友は大迫の不在について、次のように語った。
「やっぱり大迫は僕らの大黒柱で、将棋で言うと飛車角レベルの選手。ただ、あえて核となる飛車角を他の駒で勝ちに行くとか、チーム一丸となって戦うという部分ではね、やっぱり他の選手が出た時もそういうチームのひとつのピースとして戦えなきゃいけないし、彼(大迫)がずっと出ているとは限らないんで。だからそういった代わりで出ているんじゃないんだと。大迫の代わりじゃないと。俺が出たら、チームを変えてやるんだっていうくらいの気持ちが欲しいなと思いますよ」
 
 いまや長友も「飛車角レベル」と認める存在の大迫のオマーン戦不在は確かに痛かった。それだけに、ニューヒーローの登場も少なからず期待された部分はあったはずだ。しかし、大迫に代わって出場した北川は周囲との連動性に欠け、不完全燃焼のまま57分でピッチを去ることに。ただし、若手が力を発揮しきれなかった要因はベテランである自分にも責任があると長友は言う。
「(北川は)まだ遠慮がある。若いっていうのと経験がない分、まだちょっと自分自身を出し切れてないというか、遠慮してる部分があるんでね。ただそこは僕みたいなベテランの選手たちがどういうふうな雰囲気だったり、モチベーションを作ってあげられるかが大事だと思う。やっぱり若手が生き生きプレーできてないっていうのは、ベテランの僕らの責任でもあるし、彼だけの責任じゃなく、自分自身にもしっかりと向けたいなと思う」
 
 3戦目以降も大迫の出場はいまだ流動的。チームの総合力を高めるためにも、ベテランはピッチ外でも奔走するつもりだ。

【日本代表PHOTO】日本1-0オマーン|森保ジャパン、PKの1点を守り抜きグループステージ連勝!決勝T進出を決める

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月24日発売
    総勢40名が選ぶ!
    J1前半戦
    MVP&ベストイレブン
    「司令塔」特集も必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ