「100%PKだったと思う」日本の第2戦、主審の判定に海外メディアもオマーン監督も疑問符|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月14日

原口のPK判定にも疑問が…

長友の疑惑のブロックに、オマーンの選手たちは主審に猛抗議した。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 アジアカップのグループリーグ第2戦、日本代表対オマーン代表は1月13日、UAEのザイード・スポーツシティ・スタジアムで行なわれ、1-0で日本が勝利した。

 森保ジャパンは負傷した大迫勇也の代わりに北川航也を起用。ボランチには遠藤航を据え、トルクメニスタン戦でボランチを務めた冨安健洋はCBで吉田麻也とコンビを組んだ。

 試合は前半から日本が幾度となくチャンスを迎えるも決め切れない。26分にペナルティエリアで原口元気が倒され獲得したPKで、ようやく先制に成功。一方、1点ビハインドを背負ったオマーンも積極的に攻め上がりを見せ、日本の守備陣に手を焼かせた。

 そして問題のシーンは前半終了間際の45分に起きた。オマーンの素早いカウンターを食らった日本は、ゴール前に持ち込まれサラー・アルヤハヤエイにシュートを打たれる。これを長友が身体を張ったプレーで防いだ。

 しかし、ボールがピッチ外に出た瞬間、オマーンの選手たちは主審に殺到。長友がブロックした位置はペナルティエリア内であり、かつボールに手に当たっているようにも見えた。主審はCKと判定したが、オマーンはピム監督以下、全く納得がいかない表情を浮かべた。

 この主審の判定には各国メディアから疑問の声が上がっている。

 米ニュース専門チャンネル「CNN」の中東版は「日本は原口元気のPKで先制した。前半、オマーンが得た得点のチャンスはペナルティエリア内にいた日本人選手によって阻まれた。しかし、審判はオマーンにPKの権利を与えなかった」と長友のハンドを確信している旨を報じた。

 また、ベトナム・メディアの『24h』は「45分、オマーンは明らかなPKを否定された。ヤハヤエイのシュートは日本のペナルティエリアにいた、元インテルのプレーヤー長友佑都の手に当たっていた。ふたつの幸運を得た桜が咲く国のチームは、リードして前半を終えた」と1点目のPKも含めた“幸運”で日本が勝ち上がれたと評した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ