「PK誤審が2度」「長友のハンド疑惑は明らか」"誤審PK"に韓国メディアも反応!イズワン主審とは過去に因縁も

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年01月14日

「審判たちのお粗末な判定がアジアカップの権威を墜落させている」と報道

イズワン主審に対する韓国メディアの風当たりは強い。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 13日に行なわれたアジアカップのグループリーグ第2戦(F組)でオマーンと対戦し、1-0で勝利した森保ジャパン。初戦のトルクメニスタン戦に続き2連勝を飾り決勝トーナメント進出を決めたが、格下相手に辛勝が続いた結果には韓国メディアの論調も手厳しい。
 
 例えば『韓国スポーツ経済』は、「“もどかしいパフォーマンス”日本、オマーンに冷や汗勝利…16強進出確定」とヘッドラインを置いた。
 
 記事は、「日本は大迫が抜けて攻撃力が鈍くなった。代わって起用された北川はパスミスを連発して失望だけを与えた」として、試合は接戦となったと報道。「F組最弱のトルクメニスタンに3-2で勝利しパフォーマンスに疑問を抱かせた“サムライブルー”は、第2戦でもじれったい試合を続けた」と伝えている。「この2試合で見せたパフォーマンスは期待以下で、特有のパスサッカーも光を放つことができなかった」とも綴った。
 
 ただ、韓国メディアが注目したのは、日本の試合運びだけではない。特にオマーン戦の審判の判定に着目するメディアが多い印象だ。
「明らかなPK誤審が2度…恥ずかしい日本の16強進出」(『MKスポーツ』)
「衝突なくてもPK獲得した日本、手に当たってもPK逃したオマーン」(『スポーツ韓国』)
「“誤審騒動”PK判定、日本が笑いオマーンが泣いた」(『フットボーリスト』)
 
 韓国メディアがやり玉に挙げているのはふたつの場面。原口がPKを獲得したファウルは接触がなく、また前半終了直前に長友が身を挺してシュートを防いだ場面はハンドだったと主張している。
 
「長友の“ハンド疑惑”も明らか。またもやハンド論乱、審判レベルに疑問符」と報じたのは『スポーツソウル』だ。
 
「サッカーで最も重要な判定を見逃している。審判レベルを疑わざるを得ない状況だ」と切り出した記事は、長友のブロックについて「(長友の)手に当たらなかったら、ゴールポストの隅に向かって得点につながる決定的なシュートだった」としながら、「ホイッスルを吹くのが正しいように見えた。ハンドの反則が成立する最大の根拠である故意性が見受けられたからだ。長友の場合、腕が身体から離れていた」と指摘。アジアカップではUAE対パーレーンの開幕戦、オーストラリア対ヨルダン戦などでも誤審疑惑が浮上していたとして、「審判たちのお粗末な判定がアジアカップの権威を墜落させている」と報じた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ