金田喜稔がトルクメニスタン戦を斬る! 「攻撃面での修正力は見事! でも“最大の不安要素”はラストまで不安なままで…」

カテゴリ:日本代表

連載・コラム

2019年01月10日

あのコースにパスを通されるなんて…。

ボランチのバランスは最後まで改善されなかった。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ただこのトルクメニスタン戦では、最後まで修正できなかった部分もある。ボランチのふたりのバランスだ。

 ふたつの失点の原因は、もちろんGKの権田に求めることもできるし、DF陣にもミスがなかったわけではない。でも一番は、柴﨑と冨安の関係にあったよね。彼らはつねに横に並び、幾度となくギャップを突かれていた。

 たしかにふたりとも、どうにか相手の固い守備をこじ開けようと一生懸命に戦ってくれていた。堂安と酒井が右から仕掛けようとすれば柴崎がサポートにまわり、長友と原口のいる左サイドにボールがあるときは冨安が果敢にそこに絡んだ。その積極的な姿勢や意欲は高く評価したい。

 でも、やっぱりどちらかが外に出たら、もう一方は絶対に中に絞っておかないと。

 1点目も2点目も、その前のボールの失い方がマズかったというのはある。1点目は堂安の柴崎へのパスが直接相手に渡ってしまい、2点目は北川が中盤で奪われた。

 ただ、とくに2点目がそうだけど、いくらマズイ奪われ方をしたからって、あんなふうにセンターバックふたりの間に簡単にパスを通されたら、そりゃやられるよ。あのコースへのパスは、普通あり得ない。

 ボランチのどちらかが中央部分をケアしていれば、相手は横パスをつないで突破口を探す方法を選んだだろうし、日本はその間に守備態勢を整えられたんだ。
 
 中島と守田が怪我で離脱した影響がモロに出てしまったゲームで、試合中に修正できたのは中島を失った左サイドだけ。ボランチに関しては、結局1試合を通じてバランスを崩したままだった。

 現時点でボランチは、僕が考えるチーム最大の不安要素。ここが落ち着かないことには優勝は難しいだろう。興味深いのは、「すべての部分で改善し、成長しながら勝っていきたい」と語る森保監督が、13日のオマーン戦までにこの部分をどう修正してくるか。青山や遠藤を起用するのか、あるいは人を変えずに修正を施すのか。

 それから、トルクメニスタン戦ではベンチを温めた武藤や乾を、今後どのような形で起用するのかも興味深いし、次戦でゴールマウスをだれに託すのかもおおいに気になるところだ。

 もし第3戦(ウズベキスタン戦)で主力を休ませることを考えているとすれば、次のオマーン戦は決勝トーナメント以降のチームの方向性を決めるうえでも大事な一戦となるだけに、どんなメンバーがどんな戦いを見せるのか。引き続き注目したいね。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ