「柴崎が驚異のパス成功98本!」「大迫のゴール不敗神話継続」とっておきデータをOptaが公開!|アジア杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月10日

国際大会ではおよそ8年ぶりの高水準!

大苦戦のトルクメニスタン戦にあっても、柴崎は驚異的なパス成功数をマーク。冷静なゲームメイクが光った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 まさに薄氷を踏むような戦いぶりで、アジアカップの初戦をモノにした森保ジャパン。トルクメニスタンに先制されるなど苦しい展開の前半を経て、後半に入ると大迫勇也の2発で逆転に成功し、さらに堂安律の豪快弾で3-1と突き放す。PKで1点を返されて反撃を食らうなど、最後までヒヤリとさせられた一戦だったが、なんとか逃げ切って見せた。

 お世辞にも褒められた内容ではなかったものの、それでもしっかり勝ち切るあたりは称えられて然るべきだろう。チームは森保一・新政権下での無敗をキープしている(5勝1分け)。

 スポーツデータ配信大手の『Opta』は公式ツイッターアカウントで、トルクメニスタン戦における日本代表のパフォーマンスを解析。興味深いデータをいくつか紹介している。

 まずは、2ボランチの一角を担った司令塔・柴崎岳のデータだ。同社換算によると、「柴崎岳はトルクメニスタン戦で98本のパスを成功させた」という。そしてこの数値は、日本代表の国際大会(ワールドカップ、アジアカップ、コンデフェレーションズ・カップ)におけるパス成功数としては、2011年アジアカップのグループリーグ第1戦ヨルダン戦で遠藤保仁が記録した106本以降では、最多だったという。いまや名実とも、サムライブルーのコンダクターと言っていいだろう。

 
 大迫の“不敗神話”も継続中だ。現在ヴェルダー・ブレーメンで活躍するCFは、今回のトルクメニスタン戦で2ゴールを決め、日本代表での通算得点数を12とした。得点を挙げたのは9試合で、そのすべて勝つか引き分けるかしているのだ(7勝2分け)。つまり今回も大迫が同点弾を決めた時点で、日本の黒星は回避されていた(?)ということになる。今大会でどれだけゴール数を伸ばし、不敗記録を更新するのか注目だ。

 なお2000年以降に日本代表監督に就任し、初の国外での試合で勝利を飾ったのは、森保監督が3人目だという。ジーコとハビエル・アギーレが先達で、ともに初アウェー采配で白星を挙げていた。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ