「美しいシュートを決めた!」「仲間の信頼は高い」決勝弾の堂安律を蘭メディアが激賞!|アジア杯

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年01月09日

森保ジャパンの戦いぶりについても言及

アジアカップで日本史上最年少ゴールを決めた堂安。シュートまでの流れからインパクトの瞬間まで、すべてが完璧なゴラッソだった。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[アジアカップ・グループリーグ第1戦]日本 3-2 トルクメニスタン/1月9日/アルナヒヤーン・スタジアム

 森保ジャパンがアジアカップの初陣で薄氷を踏みながらも白星を掴んだ。

 立ち上がりから圧倒的にボールを支配した日本だったが、5バックシステムを用いて、ゴール前を固めるトルクメニスタンを攻めあぐねる。

 すると、徐々にペースを乱し始めた日本は、一瞬の隙をトルクメニスタンが突かれてしまう。26分、速攻から左サイドでボールを持ったアマノフに強烈なミドルシュートを決められて、まさかの失点を喫した。

 だが、日本は後半に入って落ち着きを取り戻すと、56分に左サイドの原口元気からのクロスを足下で収めた大迫勇也が同点ゴールをゲット。これで勢いに乗ったサムライブルーは、60分に大迫、71分に堂安律がネットを揺らして、トルクメニスタンを突き放した。

 79分に権田修一が与えたPKを決められて1点差に詰め寄られながらも、森保ジャパンは、キャプテンの吉田麻也を中心とした守りで逃げ切って今大会初勝利を飾った。

 この試合についてレポートを掲載したオランダ・メディア『RTV NOORD』は、71分に決勝弾を決めて、アジアカップにおける日本史上最年少の得点者となった堂安を称賛しつつ、日本の逆転劇を称えた。

「日本はFIFAランク127位のトルクメニスタンよりも遥かに強いと思われていたが、足をすくわれた。アマノフの30メートル弾は美しく、そして効果的だった。

 しかし、日本はハーフタイムで休んだ後、物事を整理できていた。ユウヤ・オオサコの2ゴールの後、フローニンヘンでプレーする時と同じように2列目の右サイドで出場し、チームメイトからの信頼の高さをうかがわせたドウアンが3-1とする美しいシュートを決める。ゴールまで16メートル付近の位置から軽やかにターンをして対角線上に突き刺したのだ。日本はこれによって優秀な結果を得られた」

 シュートシーン以外にも幾度か決定機に絡んだ堂安。その好調さを感じさせるプレーぶりは、13日に行なわれるオマーン戦の活躍を大いに期待させるものだった。

【日本代表PHOTO】日本3-2トルクメニスタン|森保ジャパン、ハンパない大迫と堂安のゴールで初戦を勝利で飾る!

【日本代表PHOTO】灼熱のスタジアムに「清水エスパルス」のユニフォームを発見!サポーター特集♪

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ