「サムライに涙した」「衝撃の名勝負」W杯公式SNSのアンケートで日本とベルギーの激闘がベストバウトに!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年12月09日

日本にとって悔しい一戦は、世界のサッカーファンの脳裏に焼き付くことに

美しいカウンターからシャドリが決めたシーン。日本は昌子らの必死のディフェンスも及ばなかった。 (C) Getty Images

画像を見る

 本田圭佑の蹴った左からCKを守護神のティボー・クルトワがキャッチすると、ベルギーはここから一気に速攻を展開。

 自陣からのドリブルであっという間に敵陣へ持ち運んだケビン・デ・ブルイネから右サイドを駆け上がったトーマス・ムニエを経由して中央にグラウンダーのクロス。これをロメル・ルカクが背後に流して、最後は完全にフリーとなっていたナセル・シャドリが値千金の逆転弾を蹴り込んだ。これで2-3とされ、日本は土壇場で、悲願のベスト8進出の夢を断たれたのである。

 日本に対してベルギーの圧倒的な個がその力を世界に知らしめたと言うべきこの一戦は、世界中のファンの脳裏にも深く焼き付いたようだ。

 ワールドカップの公式ツイッターのアンケートに対するコメント欄には、「決勝以上の試合だった。今大会の決勝トーナメントでは一番だ」や「衝撃の名勝負」、「私はサムライたちに涙した」、「あのベルギーのカウンターはドラマチックで忘れられない」、「非現実的なことが起きた」、「この試合のことは昨日のことのように覚えている。驚くべき記憶だ」といった称賛や驚嘆する声が相次いで寄せられた。

 日本にとっては忘れることのできない悔しい一戦だが、サムライ戦士たちの奮闘が世界中から注目を集めたことは間違いない。今回のアンケート結果は、その事実を改めて証明することになったと言えるだろう。
【関連記事】
ハリルが独占告白!いまだから明かす「日本文化」「ベルギー戦」「協会」への本音
「やばいやばいって唱えながら走ってた」吉田麻也がベルギー戦“最後の9秒間”を回顧する
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「才能のせいにするな」「W杯で優勝できなかったのも…」絶好調の本田圭佑がSNSで“金言”!
「シティには俺がいない。それが“違い”だ」アザールが大一番直前に発していた大胆コメントが話題!
東京V、ロティーナ体制の終焉――跳ね返されたJ1の壁と挑戦者の戦いぶり

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ