浦和GMが語る「オリヴェイラ監督の続投理由」と「補強ポジション」は?

カテゴリ:Jリーグ

佐藤亮太

2018年12月03日

中心選手の高齢化も懸念事項に

サイドアタッカーの補強としてオファーが報じられた車屋。果たして、どんな決断を下すのだろうか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 その手法は各ポジションにライバルとなる選手を獲得し競争させ、チームを底上げしていくやり方だ。浦和が強豪の仲間入りをした2003年から08年の間を見ると、03年に加入したGK都築龍太をはじめ、04年にMF酒井友之、MF三都主アレサンドロ。06年にMF相馬崇人、07年に阿部勇樹をそれぞれ補強。2チームを編成できるまでの戦力を整えた。

 この前例を踏まえ、来季に向け、各ポジションに同等クラスの選手を揃えるとともに中村GMは慢性的なサイドアタッカー不足の解消が急務としている。

 さらに年齢構成をみると主力は30代を迎えた選手が中心。興梠慎三とともに柏木陽介の後釜探しが必須となる。清水での合宿中、柏木の海外移籍が報道された際、中村GMは「(柏木は)替えの効かない選手。怪我をした場合のことを考え、もうひとり柏木のような選手が欲しい」と補強の必要性を語った。
 
 報道では、(12月1日時点)浦和はセレッソ大阪FWの杉本健勇とともに、懸案のサイドアタッカーの補強として川崎フロンターレDFの車屋伸太郎に獲得オファーを出したとされている。名将のもと陣容を揃え、強くて、魅力あるサッカーでふたたび5万人の埼スタとなるか。その布石はいま打たれようとしている。

取材・文●佐藤亮太(レッズプレス!!)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ