J王者のボランチから日本代表のボランチへ――。成長著しい守田英正が示す覚悟

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2018年11月14日

「自分がどういうプレーヤーなのか分かってもらいたい」

川崎ではリーグ連覇を達成。先輩の中村らと喜びを分かち合った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「前回よりも自分の特長を出していかなくてはいけないと思っています。コミュニケーションを取りながら、自分がどういうプレーヤーなのか分かってもらうことが先決です」
 
 11月シリーズに臨むにあたって守田は、周囲との連係強化を目標に掲げる。それは自身の特長である本職のボランチ以外にもSBやCBなど守備的なポジションを柔軟にこなすポリバレント性や、周囲を活かす献身性をアピールするためだ。
 
「どのポジションで出てもやれるというスタンスでいきたいですが(9月のコスタリカ戦は右SBとしてプレー)、個人としてはボランチとしてやりたい気持ちはあります。僕は今の段階では自分ひとりでなにかできる選手ではないので、人と人をつなぐというか、チームが連動性を持てるように自分が間に入って行ければ良いと思います」
 10月のウルグアイ戦はテレビ観戦し、イメージを膨らませたという。
 
「同じボランチの(遠藤)航くんの動きを自分に照らし合わせながら学びました。バトルのところは自分はまだ物足りないかもしれませんが、組み立ての部分はできるところはあると感じました」
 
 川崎では中村や大島からのアドバイスをスポンジのように吸収し、周囲が驚くほどの成長を見せた。周囲の環境にあわせてアップデートし、自らの力を最大限に発揮するのが守田の真骨頂であり、言わずもがな周囲についていくための基礎的な能力も高い。
 
 日本代表でなにを吸収し、どんなプレーへ昇華させるのか。今季のJでインパクトを残した男が、さらなる高みで輝ける日を期待したい。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ