森保式「3-4-2-1」で重宝される有望株は? 1トップは大迫よりも武藤、浅野がハマる!?

カテゴリ:日本代表

川端暁彦

2018年07月26日

1トップは裏抜けできる選手を置きたいポジション

西野ジャパンでは、ポストプレーを得意とする大迫が不動の1トップとして君臨したが、森保監督の3-4-2-1では素早い裏抜けも重視されそうだ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 もうひとつのポイントはウイングバック。このポジションの選手を意図的に孤立化させて、相手サイドバックとの1対1の状況を作り出すのが攻撃面の戦術的な狙いとなっているので、「1対1でぶち抜ける!」というのが一つの条件。もちろん攻撃“だけ”ではダメで、守備に戻って5バックを形成しつつ、攻めに出て行く走力も欠かせない。
 
 現代表ならば、原口元気は「はまり役」だと思うが、普段は普通にサイドバックをやっている選手だと「ぶち抜く!」部分が物足りず、普段はウイングをやっている選手だと「走力」が物足りないという事態に陥りやすい。ただ、U-21日本代表で遠藤渓太(横浜)がフィット感を見せたように、少し意外な選手がピタリと収まることもあり、まずはそうした可能性を探っていくことになるのではないか。個人的な意見を言うと、伊東純也(柏)はこのポジションで観てみたい選手だし、もしかすると武藤嘉紀のようなタイプもハマるかもしれない。
 
 2シャドーの適材は多いので、それほど心配はしていないが、1トップの人選は簡単ではない。ボールを収められる大迫勇也は2シャドーを活かすという意味では適材だが、かつて佐藤寿人や浅野拓磨がJリーグで猛威を振るったように、裏抜けできる選手を置きたいポジションでもある。1トップが裏を狙って相手を押し下げることで生まれるスペースを2シャドーが活用するのはこの戦術における一つの理想形でもある。その意味では武藤はこちらの位置でこそ本命かもしれないし、当然ながら浅野にもチャンスはありそうだ。
 
 いずれにしても「誰が選ばれるか分からない」という緊張感はJリーグに活力をもたらすし、常連選手には良い緊張感も生まれるもの。アジアカップまで半年しかない時間的制約はあるが、ちょっとビックリするくらいの変化が待っているかもしれない。
 
文●川端暁彦(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ