【セネガル戦|戦評】失点にも絡んだ乾貴士は“諸刃の剣”。勝ちゲームを引き分けてしまった3つの要因は?

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月25日

目を見張った柴崎のゲームメイク

攻守の両局面できいていた柴崎。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ただ、2回もリードされながら追いついた事実は評価に値しただろう。“自分たちのサッカー”にこだわっていた4年前のブラジル・ワールドカップとは違って、ロシア大会では状況に応じた振る舞いができるようにもなってきている。
 
 
 先制されても慌てず、立て直せるあたりがまさにそうで、少なくとも粘り強さは発揮できていた。目を見張るのが柴崎のゲームメイクである。「自身の出来には満足していない」とコメントしていたが、思っていた以上に相手の後方にスペースがあったからとロングボールを即興で繰り出すなど、そのセンスはやはり素晴らしい。
 
 「3戦全敗も」と言われた戦前の予想を考えれば、グループリーグ第2戦までで1勝1分は上出来とも言えるだろうか。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】日本 2-2 セネガル|本田の同点ゴールでドロー終了、グループ突破は次戦に持ち越し

【PHOTO】現地直送第2弾! ロシアW杯を彩る『半端ない』美女サポーターたち

【データで見る】日本×セネガル|詳細マッチスタッツ
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ