「次は敗退もあり得る」「これがW杯の厳しさ」同点弾の本田圭佑がGL突破の難しさに言及

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月25日

「外していたらマズいシーンだった」

同点ゴールを決めた本田。3大会連続でのゴールとなった。写真:JMPA代表撮影(滝川敏之)

画像を見る

 ロシア・ワールドカップのグループリーグ第2戦に臨んだ日本代表が、セネガルとの激戦を2-2のドローで終えた。試合後、起死回生の同点ゴールを決めた本田圭佑が試合後のフラッシュインタビューに応えている。

 まず同点ゴールを振り返った本田は、「貴士からのボールがすごい良いところに来たので、外していたらマズいシーンだったと思うので決めれて良かったです」と淡々とした語り口ながら、ホッと胸を撫で下ろした様子。

 コロンビア戦後は、内容に不満を示していた本田だったが、この日は「コロンビア戦よりも良い戦いができたと思う」とチームの戦いぶりを評価した。

 さらに次のポーランド戦については、「敗退もあり得る大事な試合なんで、そういう意味では緊張感があるんですけど」と言いつつ、「本音を言えば今日決めたかった。これがワールドカップの厳しさだと思う」と、改めて大舞台で勝ち切る難しさ、グループリーグ突破の難しさについて言及した。

【データで見る】日本×セネガル|詳細マッチスタッツ

【日本代表PHOTO】日本 2-2 セネガル|第2戦はドロー決着! 乾、本田のゴールで2度のビハインドを追いつく!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ