【西野ジャパンの最新序列/4-2-3-1編】まくりの武藤。“10番”香川はまさかの…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月05日

CFの大迫も決して安泰ではない

トップ下でもテストされた柴崎だが……。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ビブスなし組で試されたボランチは3人。長谷部、大島、山口だった。キャプテンの長谷部は3本ともいわゆる主力組でプレーしており、4-2-3-1でも不動のレギュラーと言えそうだ。そのパートナーはガーナ戦でも存在感を示した大島が有力で、3番手が山口という構図か。
 
 もうひとりのボランチ候補である柴崎は、2本目の紅白戦でビブスなし組のトップ下を任されている。ただ、当人はしっくりきてないのか、トップ下でのプレーについて「僕より適任がいるんじゃないかなとは思いました。もうちょっと低い位置から行きたいなと僕自身は思っているので、それはちょっと伝えていこうかな」とコメント。あくまでボランチで勝負する可能性も今後はありそうだ。
 
 トップ下の本命は今のところ本田で、現状では柴崎と続いて、3番手が香川か。この日の香川がビブスなし組で一度もプレーしていない点を“状況証拠”と捉えて、そういう立ち位置にしてある。6月8日のスイス戦でスタメンから外れるような事態になれば、香川はメンタル的にも追い込まれる状態になりそうだが……。
 
 サイドハーフは右が原口でほぼ確定、左が宇佐美と乾の争いになる。貴重なオプションは「右の武藤」か。縦への推進力は十分という武藤はこの合宿でも好調をアピールしており、どのポジションかはさて置き、本大会までにスタメンに食い込んできそうな勢いがある。
 
 CFは大迫、武藤、まだ万全ではない岡崎という順か。武藤が好調をキープしているだけに、大迫も決して安泰ではなくなっている。
 
 結論のひとつとしては言えるのは、計3本行なった紅白戦で3本続けてビブスなし組でプレーした川島、吉田、長友、長谷部、原口は西野ジャパンの最重要戦力と言える、ということだ。
 
取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】いよいよオーストリア・ゼーフェルトでの事前合宿がスタート!

【日本代表の合宿地、ゼーフェルトってこんなとこ!】日本代表のW杯事前合宿地、ゼーフェルトを紹介します。
 
【関連記事】
【日本代表】香川真司が「年功序列の声」に持論。“あの名手”を例に出して…
「点取り屋がいない」「大した相手じゃない」コロンビアのレジェンドがW杯で対戦する日本をバッサリ!
ベースなき西野ジャパン。システムの併用は迷いの表われか
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11!「1・5列目にヒデさん」「GKは能活さんしかいません」
千両役者、槙野智章が代表戦士たちと大熱唱! あの本田も口ずさんだ名バラードは…
【日本代表】西野政権で最長8分の円陣ミーティング。その内容は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ