【西野ジャパンの最新序列/4-2-3-1編】まくりの武藤。“10番”香川はまさかの…

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2018年06月05日

長友になんらかのアクシデントがあった場合は…

香川はトップ下の3番手か? 右SBは酒井高がレギュラーという可能性もありそうだ。

画像を見る

 オーストリアのインスブルック郊外にあるゼーフェルトでの代表練習2日前の6月4日(現地時間)には、国外キャンプで初の紅白戦が行なわれた。主に3バックシステムを試していた前日までとは打って変わり、この日のメインは4-2-3-1。もちろんこれがワールドカップを戦ううえでのベースになると決まったわけではないが、参考資料のひとつとして3本の紅白戦から見えてきた4-2-3-1の序列を紹介したい。
 
 まずはレギュラー組と思われるビブスなし組で、誰がどのポジションで、何回使われたかをまとめておく。
 
GK:川島(3回)
DF:吉田(3回)、長友(3回)、酒井高(2回)、昌子(2回)、酒井宏(1回)、槙野(1回)
ボランチ:長谷部(3回)、大島(2回)、山口(1回)
サイドハーフ:原口(3回)、宇佐美(2回)、乾(1回)
トップ下:本田(2回)、柴崎(1回)
CF:大迫(2回)、武藤(1回)
 
 これをひとつの基準にすると、GKは川島、東口、中村という順番になるだろう。4日の午前練習を終えたあとに足をアイシングしていた東口も、午後の練習ではサブ組だろうビブス組で2本出場。中村を一歩リードしている印象がある。
 
 予想が難しいセクションのひとつが4バックか。この日に使われた回数を重視すると、右サイドバックのレギュラー候補は酒井高になるが、体調さえ万全ならワールドカップ本番は酒井宏だろう。マルセイユでの今季の活躍を踏まえれば、当然ながらそういう結論に行き着くはずで、右サイドバックの序列は酒井宏、酒井高、遠藤となる。この日の遠藤は3本ともサブ組と目されるビブス組でプレーしていた。
 
 CBの軸は間違いなく吉田で、その相棒候補を槙野と昌子が争っているというのが現状。遠藤と同じく3本通してビブス組だった植田は吉田のバックアッパーと見るべきか。
 
 左サイドバックは長友が鉄板。控え候補がダブル酒井か。この日の驚きは、酒井宏が左サイドバックで何回か使われていた点。ただ、マルセイユで経験しているポジションであり、本人曰く「今はもう普通にできます」。4バックで戦う前提で長友になんらかのアクシデントがあった場合は、酒井宏が左サイドバックのレギュラーを務めることになりそうだ。
 
【関連記事】
【日本代表】香川真司が「年功序列の声」に持論。“あの名手”を例に出して…
「点取り屋がいない」「大した相手じゃない」コロンビアのレジェンドがW杯で対戦する日本をバッサリ!
ベースなき西野ジャパン。システムの併用は迷いの表われか
小野伸二が選ぶJ歴代ベスト11!「1・5列目にヒデさん」「GKは能活さんしかいません」
千両役者、槙野智章が代表戦士たちと大熱唱! あの本田も口ずさんだ名バラードは…
【日本代表】西野政権で最長8分の円陣ミーティング。その内容は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ