「やっぱりヒデさんは僕にとっての…」名手、松井大輔が選ぶ最強ベストイレブン!

カテゴリ:海外日本人

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2018年01月17日

「ヒデさんはずっと観てたひとで、すべてにおいてお手本」

少し悩みながらも楽しげに11人を選んでくれた松井。現在はポーランド2部、オードラ・オポーレのキャンプに参加中だ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 2ボランチは、やっぱり(パク・)チソンは入れときましょうか。もう万能タイプで、フィジカルが強くて、嗅覚というか得点能力も高かった。あの頃の京都はチソンがいないと勝てなかったですからね。ふたり目は(ブレーズ・)マテュイディ。いまやユーベで活躍中ですけど、サンテティエンヌで同僚でした。彼も強烈でしたよ。当時は掃除屋さんと言われてて、それこそコンちゃん(今野泰幸)をさらに強くしたような選手。ボール奪回力がすごかった。強烈な印象がありますね。
 
 トップ下は文句なしでヒデさん(中田英寿)。僕にとってはずっと観てたひとで、すべてにおいてお手本でした。間近で見たら筋肉とか半端なかったし、あの当時のイタリアの第一線でやってたこと自体がすごい。ル・マンに移籍してからは、とくに参考にさせてもらってました。
 
 右サイドはサンテティエンヌで一緒だった(ディミトリ・)パイエかな。2列目で組んでたんですけど、当時からあのパンチ力は強力でしたよ。左はカズ(三浦知良)さんにやってもらって、カットインから豪快にゴールを狙ってほしいんですけど、トップがちょっとすぐには思いつかないから……。左サイドはシュンさん(中村俊輔)に任せて、キングにはトップを、ストライカーに徹してもらえればと思います。
 
 それにしても、なんとも言えんチームですね、これは(笑)。
 
<了>
 
取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
───◆───◆───
 
PROFILE
まつい・だいすけ/1981年5月11日生まれ、京都府京都市出身。地元の藤森中から名門・鹿児島実高に越境入学し、メキメキと頭角を現す。3年時には高校選手権で準優勝を果たした。卒業後は京都サンガに入団。世代別代表でも持ち前の技巧とドリブルで存在を示し、2004年アテネ五輪ではナンバー10を背負う。同大会終了後に欧州挑戦をスタート。フランス2部のル・マンでスターダムを駆け上がり、サンテティエンヌ、グルノーブル(ともにフランス)、トム・トムスク(ロシア)、ディジョン(フランス)、スラビア・ソフィア(ブルガリア)、レヒア・グダニスク(ポーランド)と渡り歩いた。2014年春にジュビロ磐田へ移籍し、10年ぶりのJリーグ復帰。3年半プレーし、昨年8月にふたたび欧州へ旅立ち、現在はポーランド2部のオードラ・オポーレに籍を置く。日本代表では31試合・1得点の記録を残し、2010年南アフリカ・ワールドカップでベスト16進出に、翌年のアジアカップでは優勝に貢献した。Jリーグ通算211試合・25得点(うちJ2は116試合・18得点)。175センチ・68キロ。
公式ウェブサイト=http://matsuidaisuke.jp/
サッカージャンキー=http://soccerjunky.com/
 

(C)Yuji ARAKAWA

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト5月23日号
    5月9日発売
    2019年シーズン
    J1&J2序盤戦総括
    全1250選手「通信簿」
    高校サッカー別冊付録も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ