孤高の名手、松井大輔が語る「中村俊輔、黄金世代、そしてキングカズ」

カテゴリ:海外日本人

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年12月29日

自分が生きていくにはドリブルで売るしかない

アテネ五輪組はかつて、谷間の世代と称された。その代表格だった松井は、煌びやかだったシドニー五輪組をどう見ていたのか。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 自慢の技巧を駆使して、パスにドリブル、フィニッシュと、いまだ観る者を魅了してやまない。今年の夏にふたたび活躍の場を日本から欧州へ移し、現在ポーランド2部リーグ、オードラ・オポーレでプレーする元日本代表、松井大輔。ウインターブレイクで帰国中のファンタジスタを直撃し、近未来へのビジョン、ハリルジャパンへの期待、ポーランド・サッカーと代表チームへの印象など、訊きたいトピックスを次から次へとぶつけてみた。

───◆───◆───
 
 酷寒の地であるポーランドの冬期休暇は長い。11月25日のリーグ戦を最後におよそ3か月間のブレイクに突入し、再開はなんと3月3日! シーズン中にここまで長い中断が入るのは、松井にとっても初めての経験だ。
 
「11月の終わりにシーズンが終わって、3月に始まるわけですから、ほとんどJリーグみたいな感覚ですよ。1月中旬にあっちに戻って、もう一回身体を作り直す感じ。チーム自体も別のチームになりますからね。休みを長くもらうというのも、なかなか大変ですよ」
 
 帰国後は英気を養いながら、数多のメディアに登場して活力を得ている。そのなかでも大きな刺激を受けたと話すのが、テレビ朝日系『やべっちF.C.』のスペシャル企画。いまだ現役の小野伸二、稲本潤一、小笠原満男、本山雅志たち、いわゆる黄金世代の面々とフットサルに興じたのだ。「めちゃくちゃ楽しかった。なんと言うか、しゃべらんでも共有できるというか、ジーコジャパンのときの感覚が甦って面白かったですね。観ても楽しい、やっても楽しい。まあ同世代で仲がいいし、ホンマにすごいひとたちですよ」と感服する。
 
 松井は現在36歳で、1979-80年生まれの黄金世代は学年でふたつ上にあたる。強烈な個の集団である少し上の兄貴たちを、松井は“下”からどう見ていたのか。
 
「正直、追いつけないなぁ、と思って見てました。それこそ中3とか、ナショナルトレセンの頃からずっと上にいましたし、眺めてましたよ。だからこそでしょうね。僕らは谷間の世代(アテネ五輪世代)と言われてたけど、しっかり地に足をつけてできたってのがあります。本当の天才と言われる選手たちのプレーを間近で見ながら、自分たちはどうすべきなのかをいつも考えてた。僕はどちらかと言えばドリブラー。シュン(中村俊輔)さんや黄金世代は、それこそパサーが多かったですよね。自分が生きていくにはドリブルで売るしかない。出てきたパスで裏に抜けて、そこからの仕掛けで勝負するしかないと」


 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ