元日本代表MF、松井大輔が紐解く「ポーランド代表の傾向と対策」

カテゴリ:海外日本人

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2017年12月31日

「彼だけに意識が集中してしまうと痛い目に遭う」

現在ポーランドのオードラ・オポーレに所属する松井。同国代表チームへの造詣は当然、深い。(C)Yuji ARAKAWA

画像を見る

 今年夏にふたたび活躍の場を欧州へと移し、現在ポーランド2部リーグ、オードラ・オポーレでプレーする松井大輔。同国では2013年7月からの5か月間、1部のレヒア・グダニスクにも籍を置いた。当然、ポーランド・サッカーとナショナルチームへの造詣は深く、奇しくも日本代表は来夏のロシア・ワールドカップで同国代表とグループHで相まみえる。
 
 12年ぶりの出場となるワールドカップ本大会を半年後に控え、ポーランド国内におけるフットボール熱はかなり高まっているようだ。
 
「今年はワールドカップ出場も決まって、僕の住んでる街もポーランドの国自体も、すごく盛り上がってますよ。なにせ代表チーム自体が好調ですからね。(ロベルト・)レバンドフスキを中心にすごくいい状態にあるし、近年のポーランド代表のなかで一番と言っていいくらい強い。それでも(オードラ・オポーレの)会長曰く『まだポーランドのサッカーはこれだ、いうものは確立されていない』らしい。面白いですよね。実は僕も同じように感じてるんですけど、FIFAランクが一桁(7位)で抽選の第1ポットの代表チームと言えども、そういう側面があるんですよ」
 
 国内リーグでプレーする主力選手はほぼいない。それでも松井は日々の生活のなかでビアーレ・オーリー(ポーランド代表の愛称で“白い鷹”の意)を身近に感じ、暮らしている。おのずと詳しくなるというものだ。
 
「けっこうなタレント軍団ですよ。なにを置いてもレバンドフスキがいい。あんなストライカーはなかなか出てこないし、日本としてはもちろんそこを抑えないといけないんですけど、むしろ気をつけないといけないのは両ワイドの選手かもしれない。レバンドフスキは自分でも行けるし、パスを出して周りを使ったり、囮にもなれる。ワールドカップ予選の最初の頃は点を取ってなかったんですけど、その代わりサイドの選手たちがレバンドフスキの裏のスペースに抜け出して、ガンガン取ってましたよ。絶対的に怖い存在ですけど、彼だけに意識が集中してしまうと間違いなく痛い目に遭う」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ