ブラジルW杯 日本戦の開催都市を巡る|レシフェ(6.14コートジボワール戦)

カテゴリ:国際大会

熊崎敬

2014年05月14日

「サンパウロ新聞」の気になる記事。

メトロの車内と沿線は治安がよくない。注意が必要だ。

画像を見る

 レシフェは海岸沿いから内陸に入るほど、治安が悪くなる。
 
 メトロは海岸から2キロほど入った内陸を走るが、この沿線は前述したようにかなり物騒だ。だからぼくは昼間はメトロを使い、夜は多少不便でも海岸沿いを走る路線バスを使うことにした。
 
 4日間、レシフェに滞在したぼくは、メトロと路線バスを積極的に乗りこなした。ペルナンブーコ州選手権のゲームを2試合見たため、帰路は夜の街をひとり歩きもしたが、一度も危ない目には遭わなかった。
 
 注意を怠らなかったから大丈夫だったのか、単にラッキーだったのか、レシフェが報じられるほど危険ではないのか、そのあたりは自分でもわからない。ただひとつ言えるのは、どこにいても100パーセントの安全は得られないということだ。安全の確保は大事なことだが、そればかりに捕らわれると、ブラジルの素晴らしさは満喫できない。
 
 ワールドカップでは当局も警備に力を入れる。メトロだって試合前後はそれなりに警備がされるだろうし、海岸沿いの観光地は昼はもちろん、夜も出歩くことができる。ヤンチャなことをしなければ、そう問題はないと思う。
 
 ぼくはレシフェを「ペリゴな街」だと紹介しながら、いや実はそんなにペリゴじゃないですよ、と矛盾したことを書いている。結局、どっちなのか、これは白黒つけられるものではないので、なんとも言いようがない。
 
 ただ後日、ちょっと気になる記事を見つけた。
 
 サンパウロの東洋人街リベルダージで日系人御用達の「サンパウロ新聞」を買うと、そこには「レシフェで応援委員会」という見出しとともに、以下のような記事が掲載されていたのだ。
 
 レシフェでは地元の日系人団体が四角い手袋状の日の丸を2万枚用意して、日本代表を応援する準備を進めているという。
 
 また、この団体は緊急事態に限り、会館を開放して日本人ファンに雑魚寝程度のスペースを提供することも検討しているという。記事は「ただ――」と続く。
 
「会館近くにはファベイラ(スラム街)があり、治安が悪く、身の安全は保証できないため、のっぴきならない事態のみの対応を前提としている――」
 
「のっぴきならない事態」とは、はたして何を意味するのだろう。
【関連記事】
W杯の予備登録メンバーとは? 日本も7選手を発表
W杯メンバーから読み解く近未来の日本代表は?
週刊サッカーダイジェスト編集部・日本代表担当によるW杯シミュレーション
W杯日本代表23名の近況レポート
W杯ライバル攻略法|脆弱な守備がコートジボワールの穴

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ