【ハイチ戦|戦評】ハリルに失望。2-0から追いつかれた時点でアウトだ

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2017年10月11日

長谷部がいればどうにかなる、は危険なスタンスだろう。

遠藤はアンカーとして十分に機能したとは言い難かった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ハイチ戦でなにより気になったのは、ゴールの奪われ方。いずれも組織というより個人技でやられた印象で、そこから見て取れたのが日本の限界だ。アンカーを置く現行の4-3-3ではどうしても、そのアンカーの両脇のスペースを狙われ、守備の局面で後手に回っていた。
 
 アジアレベルではそうした弱点もあまり見えなかったが、「対世界」となった場合、果たして4-1-2-3システムは最適解なのか。改めて検証する余地があるだろう。
 
 おそらく長谷部誠が戻ってきても、その両脇のスペースは狙われる。おそらくワールドカップの本大会では主導権を握れない日本が、それでも勝点3を目指すなら2ボランチで戦うべきなのではないのか。少なくとも、長谷部がいればどうにかなる、というスタンスは危険だろう。
 
 ハイチ戦の3失点はすべて最終ラインやGKのせいではなく、中盤との連係のなさから招いたように映った。要するに、吉田麻也が不在かどうかはさして大きな問題ではなかったように思える。前半途中から組織的に戦えなかった日本が個の勝負でハイチに負けた、そういうことなのではないだろうか。
 
 ハイチが教えてくれたのは、世界にはもっとフィジカルが強くて、組織的でなくても勝点を奪うチームがいるということだ。負けに等しいハイチとのドローを経て、そうした現実に気付けるか、そして、チームとしてひとつにまとまれるかは重要だ。香川もハイチ戦後にこう言っていた。
 
「チーム、監督と話して、よりよいものにするために徹底的に話していかないといけない。そこを曖昧にしてしまうと、本当に痛い目に遭う。今回も監督とは話をしました。選手同士もそうですけど、監督ともっと分かり合わないと。そのあたりの温度差というか、(いろんなものを)突き詰めていかないといけない」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ