【セルジオ越後】厳しい内容の2連戦。マッチメイクは「ミス」ではなかったね

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2017年10月11日

杉本や倉田からは必死さが伝わってきた一方で…。

格下のハイチになんとか引き分けた日本は、国内組の杉本(13番)、倉田(7番)が結果を残した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ2017]日本 3-3 ハイチ/10月10日/日産スタジアム

 なんとか追いついたけど、この間のニュージーランド戦と同じで、かなり厳しい内容だったね。立ち上がりは、ハイチのミスに助けられて2点のリードを奪った。でも、そこからペースダウンして、3失点もしていたら話にならない。他国のファンから「ほんとに、ワールドカップに出る国なの」と疑いの目を持たれても不思議ではないよ。

 内容的には、ハイチのほうが良かったんじゃないかな。3ゴールとも、日本より良い形だったし、なにより闘う意欲が感じられた。それに対して日本は、先発した杉本や倉田からは必死さが伝わってきたけど、浅野や大迫、武藤あたりはなにをしていたのか正直わからないくらいだった。

 だから、この前も言ったように、“サバイバル”っていう感じが伝わってこないんだ。今まで選ばれてきた選手は、もうワールドカップに行けるものだと勘違いしているのかな。そんな保証がないと分かっていたら、2試合ともここまで酷いプレーをしないはずだからね。

 終わってみて分かったのは、この2試合のマッチメイクが、協会の“ミス”ではなかったこと。ニュージーランド、ハイチとも誰もが格下と思い込んでいたけど、2試合の内容を見ると、日本のレベルに合ったマッチメイクだったと言うしかないよ。

 さらに厳しいことを言うと、ゴールデンタイムに放送できないレベルの試合だったと思う。収録で夜中に放送するのが相応しいくらいだ。それに、日本のファンは優しいから、大半が試合終了まで席を立たずに観戦していたけど、ブラジルやアルゼンチンだったら、後半の最初のほうで次々とファンが席を立っていくだろうね。

 試合終了とともにスタンドからブーイングが響いてもおかしくなかったけど、そういう光景がなかったのも不思議だったね。むしろ、同点に追いついて拍手しているファンがいるところを見ると、日本のサッカーを取り巻く環境が、まだまだ世界には程遠いんだなという印象さえ抱いてしまう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月11日発売
    WSD責任編集
    永久保存版
    ディエゴ・マラドーナ
    追悼号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月3日発売
    移籍専門記者が解説
    超ビッグネームの
    去就予測2021
    特製壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ