【鈴木大輔×岩政大樹#3】ミスが敗北に直結するCBが、日本代表や優勝争いの重圧に打ち勝つ方法とは?

カテゴリ:海外日本人

岩政大樹

2017年08月23日

自分と向き合い、苦境を乗り越える。その繰り返しで成長してきた。

センターバックというポジションは、自分の生き方そのものだという。(C)NASTIC

画像を見る

鈴木 すごく分かります。自分も似たような感じですね。ミスしたらどうしようと思うから、納得できる準備をしないとダメ。良い準備ができて開き直れると良いプレーができます。
 
岩政 ただ、もう私はプロクラブのプレッシャーと向き合わなくていい環境なので幸せです(笑)。
 
鈴木 ベテランになるにつれてプレッシャーは軽くなりますか?
 
岩政 残念ながら、なりません。ただ、いろいろとトレーニングしてきたので、良い身体の状態を作れば良いプレーにつながる自信もできた。その状態を作ることに集中するだけになったので、30歳くらいから、あまりメンタルが関係無くなりました。
 鈴木選手は準備にこだわったり、自分で気づいていろいろトライしていますよね。それは危機感から生まれるものだと思うんです。私は楽観的なセンターバックは伸びないと思うので、そういう危機感は大事にしてほしいですね。
 
鈴木 危機感は常に持っています。センターバックはひとつのミスが失点につながるとか、ハイライト映像でもやられているプレーしか出てこないとか、自分と向き合う場面が多い。それでも立ち上がって次の試合に行かなければいけない。キーパーもそうかもしれないけど、センターバックはそういうプレッシャーが一番あると思うんです。それを乗り越えることでなにか掴めるものがあったりする。その繰り返しで成長してきました。
 
岩政 センターバックが一番ですよ。キーパーはスーパーセーブの映像が使われますから(笑)。
 
鈴木 そうですね(笑)。やっぱりセンターバックには、一番自分が求めている要素があると思います。人間として成長させてくれたり、自分がどんな人間か分からせてくれます。
 
岩政 私の考え方とよく似ていますね。突き詰めて考えるのが好きなタイプですか?
 
鈴木 好きですね。考え過ぎになりがちというか(笑)。岩政さんは、いろいろ考えて戦ってきた人なので参考になります。今は選手として活動以外にもいろいろやられていますよね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ