【鈴木大輔×岩政大樹#1】「パワーにパワーで対抗してもダメ」。俊英CBがスペインで戦うために求めた武器とは?

カテゴリ:海外日本人

岩政大樹

2017年08月21日

ボールを奪えるのは、身体を上手く入れたり、間合いをコントロールできた時。

対談は会話が弾んだ。CB同士で通じ合う部分が大いにあったようだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 サッカーの未来について考える。語る。
 対談連載の3回目は、スペインで活躍する鈴木大輔選手にお話を伺いました。
 
 私が鹿島で3連覇を成し遂げることができたのが2009年。ワールドカップメンバーに名を連ねることができたのが2010年。アジアカップで優勝することができたのが2011年。この頃から私は海外移籍を模索するようになりました。
 
 燃え尽きた、という感覚は一切ありませんでした。むしろタイトルへの飢えや成長への飢えがより大きくなっていました。
 
 まず狙ったのはヨーロッパへの挑戦でした。一流国のトップリーグでなくとも、中堅国や一流国の2部リーグでかまわないと思っていました。しかし、実現できませんでした。
 
 自分が歩んできたキャリアに後悔はありませんが、グローバルなスポーツであるサッカーに生かされている者として、アジアの外に出たことがないことにコンプレックスを抱いているのは事実です。世界には私の知らないサッカーがたくさんあり、私が知った気になって勘違いしていることがたくさんあるのだろうと思っています。
 
 鈴木大輔選手は今、スペイン2部で奮闘しています。鈴木選手は、2012年のロンドン・オリンピックで吉田麻也選手とセンターバックでコンビを組んで、日本のベスト4進出に大きく貢献した後、J1の柏レイソルでもバリバリのレギュラーとしてプレーしていました。これからはチームを引っ張る存在になっていくのだろうと思われていたなかでの突然の海外移籍は、驚きとともに決意や信念を感じさせました。
 
 鈴木選手のスペインでの挑戦も1年半が経過しました。私ができなかった挑戦。私が見ることができなかった景色。それを少しでも近くで想像したくて、サムライセンターバックにお話をうかがいました。
 
 対談の相手に指名するまで自分でも気づいていませんでしたが、私はちょっぴり、彼の日々をうらやましいと思っているのです。
 
―――◆―――◆―――◆―――
 
岩政 お久しぶりです。今回のオフの期間はどれくらいですか?
 
鈴木 1か月弱です。最初に少し休んでから、身体作りに入りました。これまで筋肉を肥大させるトレーニングをしてきたんですが、スペインに行ってパワーにパワーで対抗してもダメだなと感じました。ボールを奪えるのは、身体を上手く入れたり、間合いをコントロールできた時。それはパワーではなく、上手く自分の身体を動かせた時だなと。それで、今は身体を思ったように動かすトレーニングに特化しています。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ