いきなり欧州挑戦も!? Jスカウトが争奪戦を繰り広げるU-17日本代表の大器

カテゴリ:高校・ユース・その他

川端暁彦

2017年05月16日

冬のスペイン遠征で高い評価を得て。

5月14日のインターハイ予選・履正社戦は2-3の敗北。大垣の奮闘も実らず、興国は6回戦で姿を消した。写真:川端暁彦

画像を見る

 きっかけは、興國の一員として参加した冬のスペイン遠征だった。
 
 現地で高評価を受けたことから、ビジャレアルやレバンテとの試合映像をドイツやオーストリアのクラブに送ったところ、複数のクラブからリアクションがあり、練習参加のオファーが舞い込んだのだ。いずれも名門に分類されるクラブからのオファーで「世界トップレベルのクラブで練習できるのは楽しみ」と胸を躍らせている。
 
 宮市亮(現・ザンクトパウリ)が中京大中京卒業後にすぐ欧州へ旅立ったときも話題になったが、Jリーグには、新人選手の獲得に際して年俸と支度金(契約金)を強く抑制するローカルルールがある。欧州クラブが本気で選手獲得を図った場合、金銭面では大人の選手の場合の比ではない格差が生じ、Jクラブがまるで太刀打ちできなくなるのが現状だ。
 
 もとよりサッカーのレベルで言えば、欧州が世界の最前線であるところに議論の余地はない。Jクラブの争奪戦になりそうな若きタレントが、またしても別の道を選んだとしてもなんら不思議ではないのだ。
 
 いずれにしても、可能性を残すU-17ワールドカップ日本代表入りを含め、大垣の今後は要注目と言えそうだ。
 
取材・文:川端暁彦(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ