2017年夏は欧州で「監督大移動」か? 震源地はやはりバルサだ!

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年03月05日

ピオーリがユーベなどの強豪相手に限界を露呈し…。

かねてからインテルが熱視線を注ぐのがこのシメオネ。しかしアトレティコ側の抵抗は必至で、コンテ狙いにシフトしたとも。(C)Getty Images

画像を見る

 インテルでも動きがあるかもしれない。昨年11月に途中就任したステーファノ・ピオーリが上々の結果を残しているとはいえ、ユーベやナポリなどの強豪相手に限界を露呈しており、復権を期すオーナーの蘇寧グループがより優れた指揮官との契約を望んでいるというのだ。

 かねてから招聘に向けて動いてきたのが、クラブOBのディエゴ・シメオネ。しかしアトレティコ・マドリー側の抵抗は必至で、実現の可能性は現時点で高いとは言えない。

 代替案として画策するのが、チェルシーを率いるアントニオ・コンテの引き抜きだ。2019年まで契約を残すうえ違約金が30億円超と高額だけに、交渉は困難を極めるはずだが、補強方針などを巡ってオーナーのロマン・アブラモビッチとの間に意見の食い違いが生じているようで、あり得ない話ではない。すでに水面下で交渉を始めたとの噂もある。

 仮にコンテが退任すれば、チェルシーは十分な実力と実績を備える大物を招聘するはず。特大のインパクトをもたらす監督人事を敢行しても、不思議はない。

文:ワールドサッカーダイジェスト編集部
【関連記事】
悪童バロテッリ、モデル美女の元カノと復縁&結婚を視野に?
ミランの中国売却はもはや破談も…とはいえベルルスコーニ時代継続も困難だ
意識不明に陥ったF・トーレスが退院「ちょっと怖かったけど、もう問題ない」
【U-25限定】欧州ナンバー1のドリブラーは誰だ?
「10回も答えた。これ以上はやめてくれ」アグエロ去就質問にペップが苛立ち露わ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ