伝統の「エンブレム」から斬新な「ロゴ」へ――ユベントスが込めた未来への強い意志

カテゴリ:連載・コラム

片野道郎

2017年01月20日

保守的なイタリアのサポーターの反応はさほど悪くないようだ。

自前のスタジアムの建設など、カルチョでは先駆者的存在のユーベが、新たな潮流を世界のサッカー界に生み出すことになるのか。 (C) Alberto LINGRIA

画像を見る

 イタリア国内はもちろん、欧州のメガクラブにおいて、これまでに例がない斬新な試みだけに、サポーターのあいだでもこのロゴマークに対しては意見が分かれている。
 
 イタリアのマスコミは、話題作りのために否定的な意見を取り上げがちな傾向があるが、トリノに本拠を置くスポーツ紙『トゥットスポルト』のウェブサイトが行なったアンケートでは、賛成48パーセント、反対52パーセントという結果が出ている。
 
 賛否は実質半々といったところで、イタリアのサポーターは総じて保守的な傾向が強いことを考えると、反応としてはそれほど悪いものではないと言える。
 
 ちなみに、今回の新ロゴをめぐって最も話題になったのは、新ロゴ発表の2週間前に、現在のエンブレムのタトゥーを背中に入れた熱烈なユベンティーノのことである。
 
 ケビンという名のこのサポーターは、サブカルチャー系のニュースサイトとして有名な『VICE』のイタリア版にインタビューされて、こう答えている。
 
「アニエッリ会長が突然思い直して、古いエンブレムに戻してくれたらいいのにとも思うけれど、いずれにしても全く後悔はしていないよ。俺が彫ったタトゥーはユベントスの歴史であって、それが消えることはないからね」
 
文:片野 道郎
 
【著者プロフィール】
かたの・みちお/1962年生まれ、宮城県仙台市出身。1995年からイタリア北部のアレッサンドリアに在住し、翻訳家兼ジャーナリストとして精力的に活動中だ。カルチョを文化として捉え、その営みを巡ってのフィールドワークを継続発展させている。『ワールドサッカーダイジェスト』誌では現役監督とのコラボレーションによる戦術解説や選手分析が好評を博す。
【関連記事】
【ミラン番記者】本田圭佑は「残留」をチームに申し出た
プレミアリーグ指揮官たちはどんな時計が好み? 最高級品を身に付けるのは意外にも…
ドイツで人気の清武に新たな移籍先候補が浮上! 一方で岡崎のシャルケ行きは…
マンUが欧州王者を抑えて12年ぶりに長者番付トップに返り咲く
「ヨーロッパは最高の舞台ではなくなる」――サッカー界の注目コメント集
「オフサイド廃止」、「シュートアウト制の導入」などファン・バステンが訴える8つのサッカー改革案!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ