マンUが欧州王者を抑えて12年ぶりに長者番付トップに返り咲く

カテゴリ:メガクラブ

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2017年01月20日

R・マドリーの12連覇を阻んだマンチェスター・U。

トップ返り咲きを果たしたマンチェスター・Uだが、CLに参戦しない今シーズンは、この位置を維持するのが難しいとの予測も。(C)Getty Images

画像を見る

 世界的な監査法人のデロイトが、サッカークラブの財政状況をまとめた毎年恒例の長者番付「フットボール・マネーリーグ」の2015-16シーズン版を発表した。

 1位は、過去最高の6億8900万ユーロ(約826億8000万円)という驚異的な収益を上げたマンチェスター・ユナイテッド。昨シーズンのチャンピオンズ・リーグ王者レアル・マドリーの12連覇を阻み、トップの座を奪い返した。

 昨シーズンはプレミアリーグで5位と精彩を欠いたマンチェスター・Uがトップに返り咲いたのは、高額の放映権料やコマーシャル収入、安定したチケット収入を得られたから。CL参戦や企業との新たなパートナーシップの締結も増収に繋がったとデロイトは分析する。

 2位はバルセロナで、宿敵マドリーより10万ユーロ上回る6億2020万ユーロ(約744億2400万円)。スペインの両雄はいずれもマンチェスター・Uに大差をつけられたものの、初めて6億ユーロの大台を突破している。

 初のトップ5入りを果たしたのが5億2490万ユーロ(約630億円)のマンチェスター・シティ。CLでのベスト4進出が大きかったようだ。

 20位にランクインしたレスターは、奇跡の初優勝を飾ったプレミアリーグでの快進撃の効果が絶大だった。プレミア20チームへの均等の分配金に加え、放映試合数と最終順位に応じて分配される放映権収入などの増収もあり、前年より約25パーセント多い1億7210万ユーロ(約206億5200万円)を稼ぎ出している。

 なおトップ20の合計収益は、昨シーズンから12パーセント増の74億ユーロ(約8880億円)だった。

◇2015-16シーズンのトップ20の収益(単位は100万ユーロ)
1位 マンチェスター・U 689
2位 バルセロナ 620.2
3位 レアル・マドリー 620.1
4位 バイエルン 592
5位 マンチェスター・C 524.9
6位 パリSG 520.9
7位 アーセナル 468.5
8位 チェルシー 447.4
9位 リバプール 403.8
10位 ユベントス 341.1
11位 ドルトムント 283.9
12位 トッテナム 279.7
13位 アトレティコ・マドリー 228.6
14位 シャルケ 224.5
15位 ローマ 218.2
16位 ミラン 214.7
17位 ゼニト 196.5
18位 ウェストハム 192.3
19位 インテル 179.2
20位 レスター 172.1
【関連記事】
アーセナル逆転Vへ、鍵を握るは4人の“裏キーマン”!
連続無敗記録が途絶えたR・マドリーがまさかの「連敗」
乾がリーガ日本人最多出場記録を更新へ!
ボナベントゥーラが年俸倍増でミランと新契約。対照的に本田は…
モナコの「アンリ2世」がドルトムント香川の同僚に?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ