伝統の「エンブレム」から斬新な「ロゴ」へ――ユベントスが込めた未来への強い意志

カテゴリ:連載・コラム

片野道郎

2017年01月20日

シンボルマークとして画期的で新しい試みに満ちた新しいロゴ。

サッカー色は全くなくなったユーベの新しいシンボルマーク。サッカーの枠を超えた存在になりたいという意志の表われとも言えよう。 ※画像はユベントス公式ツイッターより

画像を見る

 1月16日(現地時間)夜、ミラノの国立科学技術博物館で「ブラック&ホワイト&モア」と題されたイベントが開かれた。
 
 主催したのはユベントス。トリノに本拠を置くこのクラブが、ミラノでイベントを開催するのも異例なら、その内容もまた異例だった。
 
 メインとなったのは、来シーズンから新たなクラブのシンボルとして使われるロゴマークのプレゼンテーションだった。
 
 クラブ創設(1897年)から間もない1905年以来、ごく限られた一時期を除いて長年にわたって少しずつデザインを修正しながら使われてきた、楕円形に白黒の縦ストライプが施された「エンブレム」は、今シーズン限りで廃止される。
 
 そして来年7月からは、旧エンブレムとは完全に一線を画す現代的なデザインの斬新な「ロゴ」が、クラブのシンボルマークとして使われる。
 
 ユベントスのイニシャルである「J」の文字、セリエA優勝のシンボルであるスクデット(盾)、そしてチームカラーの白黒ストライプを巧妙に組み合わせた、シンプルかつクリーンなデザインだ。
 
 この新しいロゴは、プロサッカークラブのシンボルマークとしては画期的で新しい試みに満ちている。
 
 単なるクラブの「エンブレム=紋章」という従来の枠を超えて、ユベントスという「クラブ」ではなく、むしろその「ブランド」を表わすシンボルマーク、つまり「ブランドロゴ」として機能するという意図が、はっきりと込められているからだ。
 
 それは、今回のプレゼンテーションで発表された、ロゴの展開に関する様々な写真を見れば明らかである。
 
 同時に開発された専用フォント、そして基本となるデザインルールと組み合わせて、ユベントスに関わる有形無形のあらゆるプロダクトに、この「J」のロゴがデザイン要素として展開されている。
 
 クラブの書類からウェブサイト、ステーショナリーや衣類、アクセサリーなどのグッズ類、さらにはスタジアムやショップの内装まで……。
 
 そこには、単なるイタリアの「ローカルなプロサッカークラブ」から、サッカーを軸として様々なビジネスを展開する「グローバルなブランド企業」に脱皮するという、ユベントスの新しい企業戦略が込められている。
 
 アンドレア・アニエッリ会長がこのイベントで、「今日はユベントスの新しいターゲット、つまり子ども、女性、そしてミレニアル世代に語りかけたい」と語ったのは象徴的だ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ