【2017年の注目銘柄|ブンデスリーガ編】逆襲のボルシアMG、苦難を楽しむ闘将、日陰のFW、19歳の天才 etc.

カテゴリ:ワールド

中野吉之伴

2017年01月02日

最下位チームを引き受けたかつての名MF、強気の黄金世代FW。

現役時代は積極的かつ精力的なプレーが印象的なMFだったフリンクスは、「ミッションインポッシブル」を遂行できるか。 (C) Getty Images

画像を見る

◇フリンクス監督(ダルムシュタット)
 
 戦力的に乏しいダルムシュタットを、シーズン途中、しかも最下位という状況で引き継ぐ……。これ以上に難しいミッションはないかもしれない。
 
 だが、新監督に就任したのがトルステン・フリンクスと聞くと、少なからず期待したくもなる。なぜか? それは、彼が挑戦できる場所にいることに喜びを感じる人間だからだ。
 
「多くの人にとって、残留はもはや不可能なテーマなのだろう。だが、この挑戦に不安は全く感じていない。むしろ“イケている”と思っているくらいだ」と口にしていた。目指すは、ダルムシュタットの伝統を再び息吹かせることである。
 
「アウェーチームとして、ダルムシュタットでプレーするのがどれほど酷なものかは、自分自身がよく分かっている。ここでは、全選手が身体を張り続ける。そうした、このクラブにある美徳を取り戻さなければならない」と記者会見で話していた。
 
 失うものは何もない。最後まで諦めず、可能性を手繰り寄せる戦いに向き合っていく。志を同じくする戦士が、その魂をピッチで輝かせることができれば、残留争いで存在感を発揮しそうだ。
 

ボール、ゴールへの執着心を剥き出しにするヴァーグナー。後半戦で主役に躍り出ることができるか。 (C) Getty Images

画像を見る

◇ヴァーグナー(ホッフェンハイム)
 
 2009年U-21欧州選手権優勝メンバーには、マヌエル・ノイアー、マッツ・フンメルス、ジェローム・ボアテング、ベネディクト・ヘーベデス、サミ・ケディラ、メスト・エジルと、現在のドイツA代表を支える、そうそうたる選手が揃っていた。
 
 そんな黄金世代に属しながら、これまであまり陽の当たる場所を歩いてこなかったのが、ホッフェンハイムのFW、サンドロ・ヴァーグナーだ。
 
「プロサッカー選手はもっと金をもらうべき」「俺は今、ドイツ人で圧倒的ナンバーワンFWだ」など、歯に衣着せぬ発言でメディアを賑わせ、そのためアウェー戦では、相手チームのファンからボールタッチのたびにブーイングされるなど、完全に嫌われ者になっている。
 
 だが、そのパフォーマンスは素晴らしい。前線からボールを追い続け、身体の強さを活かしたキープで仲間の攻め上がりをサポートし、ペナルティーエリアでは身体を投げ打って、相手より一瞬でも早くボールに到達しようと跳ね上がる。
 
 そんなヴァーグナーを、古巣ダルムシュタットのFW、マルセル・ヘラーは絶賛する。
 
「数字で見たら、(ドイツ人ナンバーワンなのは)間違いないよ。ダルムシュタット、そしてホッフェンハイムでのパフォーマンスは、彼の特別なクオリティーを示している。ゴールを決めるし、スペースを作れる」
 
「そしていつでも、チームのために身体を張ってくれるんだ。サンドロのようなタイプは珍しい。僕からしたら、間違いなくブンデスリーガでトップレベルのFWだ」
 
 今シーズン、ここまで負けなしのホッフェンハイムだが、引き分けが多いため(6勝10分け)、5位に留まっている。17年、ここからさらに上を目指すためには、ヴァーグナーのさらなる爆発が欠かせない。今度はゴール量産で、ドイツメディアを賑わしてほしいものだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月7日発売
    最新スカッドを更新!
    2018-19シーズン
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ