W杯最終予選に臨む日本代表メンバーの近況レポート|欧州組編

カテゴリ:日本代表

山口裕平・サッカーダイジェストWeb編集部

2016年08月29日

MF――清武は新天地で信頼を得て、香川、長谷部もフル出場。

衝撃的なリーガ・デビューを果たした清武。落ち着いたプレーが非常に印象的だ。 (C) Getty Images

画像を見る

FW
浅野 拓磨(シュツットガルト/ドイツ2部)
今季ブンデスリーガ成績:なし
 
 今オフにイングランドの名門アーセナルに移籍するも、予想された通り、英国の就労ビザが下りなかったため、レンタル先を探していたが、8月26日にドイツの2部、シュツットガルトへの移籍が決定した。
 
 契約を済ませた直後に帰国したため、当然ながらまだ欧州で試合はこなしていない。28日に代表練習に参加した彼は、「僕を欲してくれたクラブなので嬉しく思う」と語っている。
 
 リオ五輪以降は実戦から遠ざかっているが、アーセナル復帰を果たすためにはシュツットガルトでの活躍だけでなく、A代表での実績作りも大事なだけに、気力・体力ともに充実しているはずだ。
 
MF
清武 弘嗣(セビージャ/スペイン)
今季リーガ・エスパニョーラ成績:2試合出場(151分)・1得点
 
 強豪セビージャに加入し、厳しいレギュラー争いに身を投じたが、プレシーズンに信頼を勝ち得、スーパーカップ3試合にスタメン出場。スムーズなボール捌きや運動量の豊富さ、動きの良さなどが高評価を得た。
 
 そしてエスパニョールとのリーグ開幕戦、正確なキックでのCKからアシストを決め、さらに後半には冷静にコースを突いたシュートを決めて、早くもリーガ初得点を記録。地元メディアからも称賛されている。
 
 2節のビジャレアル戦でも、縦横無尽に動き回ったが、動きの遅いチームのなかで効果的なプレーは少なく、後半途中、攻撃活性化のため、最初にベンチに下げられることとなった。
 
MF
香川 真司(ドルトムント/ドイツ)
今季ブンデスリーガ成績:1試合出場(90分)・0得点
 
 マインツとの開幕戦でトップ下としてプレー。ポジションを争うゲッツェが負傷中の影響もあり、ドイツ・スーパーカップ、DFBカップ1回戦に続き、3戦連続で先発フル出場を果たしている。
 
 体感気温40度という厳しい暑さの試合だったが、普段と変わらないレベルの運動量を記録。後半はピッチの中央でボールを受け相手を引きつけてから外へ展開する重要な役割を担った。
 
 ゴール、アシストはなかったものの、香川のショートコーナーが先制点へと繋がった。
 
MF
長谷部 誠(フランクフルト/ドイツ)
今季ブンデスリーガ成績:1試合出場(90分)・0得点
 
 DFBカップ1回戦では後半途中からの出場し、PK戦では3番目のキッカーを務め失敗したが、チームは2回戦進出を果たしている。
 
 週末に行なわれたシャルケとの開幕戦では3ボランチの中央として先発フル出場を果たし、1-0の勝利に貢献した。
 
 チームはうまくビルドアップすることができず、長谷部もボールに触れる機会はそれほど多くなかったが、前半には味方へのスルーパスであわやというシーンを演出した。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ