【9.1UAE戦のスタメン予想】注目は左ウイング。“香川の控え”清武が先発する可能性も

カテゴリ:日本代表

白鳥和洋(サッカーダイジェスト)

2016年08月25日

清武は従来の序列から判断すると、トップ下の控えと見るべきだが…。

リーガで好スタートを切った清武。代表合流は30日と厳しいが、コンディション次第でスタメンを狙える。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ボランチはキャプテンの長谷部(フランクフルト/あと1キャップで代表100試合出場)、組み立て役の柏木(浦和)のコンビが最有力だ。ハリルホジッチ監督は2ボランチに「相互に補完し合える関係」を基本的には求めている。となると、ボール奪取力に優れた山口(C大阪)が長谷部の、攻撃センスに長けた大島が柏木のバックアップと見て間違いない。
 
 実際、ハリルホジッチ監督も大島を次のように評価している。
 
「大島は柏木のような仕事ができるかなと。真司への供給源として興味深い」
 
 仮に試合終盤までリードを許せば「大島投入」という展開はあるかもしれない
 
 トップ下は、本田(ミラン)と同じくハリルホジッチ監督が全幅の信頼を置く香川(ドルトムント)が一番手。清武(セビージャ)は基本的にトップ下の控えと見るべきだろう。
 
 ただし、リーガで好スタートを切っただけに、清武を3トップの左に使う手はある。事実、6月のキリンカップ・ブルガリア戦では左ウイングで清武が、トップ下で香川が先発している。

 左ウイングの候補者に挙がる宇佐美(アウクスブルク)についてはハリルホジッチ監督も「ドイツのクラブに行きましたが、今のところそんなにたくさんのプレー時間はありません」と話しているだけに、「左ウイング・清武」はむしろ有力な選択肢と言える。いずれにしても、原口(ヘルタ・ベルリン)を含む左ウイングの争いは各選手のコンディションが鍵になる。
 
 金崎が落選したCFは、その代役として招集された浅野(アーセナル)、約6か月ぶりに復帰した武藤(マインツ)という顔ぶれを見れば、岡崎(レスター)で決まりだ。右ウイングも本田で間違いなし。川崎で好調の小林も、アジア2次予選で5試合連続ゴール(日本代表記録)を決めた本田との比較では二番手と言わざるを得ない。

8月25日発売号のサッカーダイジェストは「ハリルジャパン完全DATA BOOK」。9月1日に開幕するワールドカップ・アジア予選の試合観戦時に役立つ完全保存版のデータブックです。清武選手など日本代表4大インタビューも見逃せません。

画像を見る

8月25日発売号のサッカーダイジェストでは、クラブダイジェストでジェフユナイテッド千葉を取り上げています。

画像を見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ