「C・ロナウド対ベイル」は前者に軍配。試合後に語った互いの印象とは?

カテゴリ:国際大会

白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

2016年07月07日

ピッチ上で言葉を交わし、抱き合って互いの健闘を称え合った。

ベイルは必死にパスやシュートを繰り返したが、ゴールには繋がらなかった。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 試合後、C・ロナウドとベイルはピッチ上で言葉を交わし、抱き合って互いの健闘を称え合った。
 
 この日のゴールでミシェル・プラティニの大会通算最多得点(9)に並び、UEFA選出のマン・オブ・ザ・マッチにも選出されたC・ロナウドは、試合後にこう語った。
 
「記録に並んだことはもちろん嬉しいけど、チームが勝てたことが重要だ。今日も難しい時間帯はあったが、僕らはよく耐えた。選手、監督、コーチ陣はもちろん、医療スタッフなどもよくやってきてくれた。彼らが最後は笑顔で喜びの涙を流せるように願っている。僕の最大の夢は、いつもポルトガルにトロフィーを持ち帰ることだった。あと一歩だ」
 
 一方のベイルは、次のようにコメントしている。
 
「すぐに試合を分析することは難しい。僕らは失望しているから。でも、誰もが最後の最後まで戦った。トロフィーに挑戦するためにね。だから誇りに思っているし、後悔はない。大会を通じて全力でサポートを続けてくれたファンに感謝したい。ありがとう」
 
 気になるお互いについては、C・ロナウドが「(試合後は)普通の会話をしただけだよ。僕はベイルとウェールズの今大会のパフォーマンスを祝福した。彼は間違いなくユーロのスターのひとりだった」と語れば、ベイルは「彼は生粋のスコアラーであり、今日も得点した」と評した。
 
 大きな注目を集めた対決は、C・ロナウドに軍配が上がった。しかし、ベイルが今大会で見せた輝きは決して色褪せない。初出場ウェールズを、ベスト4まで導いたのだから。
 
現地取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェスト特派)

【PHOTO】C・ロナウドvsベイルのビッグスター対決は1G1Aの前者に軍配!(25枚)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ