白鳥大知(サッカーダイジェスト特派) 新着記事

さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!

「ワールドカップ取材はとんでもなく大変だと思うけど、ロシアの女性は本当に綺麗で可愛いいから頑張れると思う」  ワールドサッカーダイジェスト誌のワールドカップ特派である僕は、ロシア渡航歴のある編集部... 続きを読む

骨の髄まで“C・ロナウドのチーム”だったポルトガル

 ポルトガルの命運は尽きたー―。痛みに顔を歪め、涙を流しながら担架で運ばれるクリスチアーノ・ロナウドを見て、誰もがそう思ったことだろう。  7月10日のEURO2016決勝。開催国フランスと対峙し... 続きを読む

ドイツ撃破の立役者グリエーズマンが語る、“トラウマ”のPKへの想いと2点目の“狙い”

 マルセイユのヴェロドロームが舞台となった7月7日のEURO2016準決勝、ドイツ対フランス戦。「事実上の決勝戦」と謳われた試合で主役となったのは、またしてもアントワーヌ・グリエーズマンだった。 ... 続きを読む

「C・ロナウド対ベイル」は前者に軍配。試合後に語った互いの印象とは?

 7月6日のEURO準決勝、ポルトガル対ウェールズ戦で大きな注目を集めたのが、レアル・マドリーで“BBC”の一角を占めるクリスチアーノ・ロナウドとガレス・ベイルの対決だ。... 続きを読む

EURO2016の「スタジアム音響事情」。ヘビロテ曲やジャンル最大派閥は?

 EURO2016の各スタジアムで一番“ベビロテ”されているのは、やはり大会オフィシャルソングであるデヴィット・ゲッタの『This One's For You』。4つ打... 続きを読む

グリエーズマンが卓越した煌めき。得点王争いトップの1ゴール、さらには2アシスト!

 サンドニで開催された7月3日のEURO2016準々決勝。今大会最多の5ゴールを叩き込んでアイスランドを粉砕したフランスには、2ゴールのオリビエ・ジルー、ようやく今大会初得点が生まれたポール・ポ... 続きを読む

ノイアーとブッフォン――新旧世界ナンバー1GKが魅せた至極のパフォーマンス

「ノイアーがベストだ。前にも言ったはずだ。でも、それによって俺が動じることも、価値が下がることもない。38歳のキーパーと比べなんて、彼(30歳)に失礼というものだ。自分が何者かわかっている。この... 続きを読む

【EURO】イタリア対ドイツの「不思議なジンクス」は今回も続くのか?

 EURO2016のベスト8で最注目カードは、間違いなくドイツ対イタリアだ。7月2日にヌボー・スタッド・ド・ボルドーで開催される一戦(日本時間の28時キックオフ)は、世界中から熱視線が注がれるこ... 続きを読む

見事な同点弾、PK戦では自ら志願――驚異の18歳、レナト・サンチェス

 この日の主役は大エースのクリスチアーノ・ロナウドでも、スーパーサブのリカルド・カレスマでもなく、18歳のレナト・サンチェスだった。  EURO2016のベスト8、6月30日のポーランド対ポルトガ... 続きを読む

スペインを奈落の底に突き落とすダメ押し弾! 「アッズーリ史上最弱の9番」が見せた意地と心意気

「アッズーリ史上最弱の9番」  EURO2016開幕前、イタリア代表のグラツィアーノ・ペッレは、そう揶揄されていた。たしかにかつてのクリスティアン・ヴィエリ、フィリッポ・インザーギ、ルカ・ト―ニ、... 続きを読む

グリエーズマンが“本来のポジション”で極上の輝き!「僕の能力を一番発揮できる」と手応えを掴む

 リヨンのパルク・オランピック・リヨネで開催された6月26日のEURO2016ラウンド・オブ16、フランス対アイルランド戦。開始3分でPKから被弾した開催国フランスを窮地から救ったのは、アントワ... 続きを読む

ベイルが8強進出に「ファンタスティックな気分」と興奮。ウェールズの夢物語は、どこまで続くのか――。

 キックオフ直前、たったひとりで赤色に埋まるスタンドのサポーターに近寄って、軽く手を叩く。まるで、「今日も俺に任せておけ」と言っているかのようだった。  EURO2016のグループステージで3試合... 続きを読む

【EURO】「攻撃の切り札」の起用に慎重なイタリア。ただ、インシーニェとエル・シャーラウィ抜きでスペインを崩せるのか?

 EURO2016のイタリアは、完全に“守備のチーム”だ。中盤のキーマンだったクラウディオ・マルキージオとマルコ・ヴェッラッティを怪我で招集できず、衰えが否めない37歳の... 続きを読む

【EURO】“純正CF”と“偽のSB”が肝のドイツ新布陣。攻撃力は凄まじいレベルにも!?

 スコアレスドローに終わった6月17日のポーランド戦後、「いつものようにチャンスを作れなかった」と嘆いたドイツのヨアヒム・レーブ監督は、6月21日の北アイルランド戦(EURO2016グループC最... 続きを読む

批判も渦巻くポグバが超絶的なミドルやキープなど躍動。デシャンも「最高クラスの選手であることを示した」と称賛!

 ルーマニアと激突した6月10日のEURO2016開幕戦は1-1の状況でまさかの途中交代を告げられ、6月15日のアルバニア戦は屈辱のベンチスタート。「チームの食事時間に遅れた」、「アルバニア戦で... 続きを読む

サッカーダイジェストの最新号

ページトップへ