【J1採点&寸評】鹿島 1-3 G大阪|ステージ王者を翻弄したG大阪の背番号7がMOM

カテゴリ:Jリーグ

広島由寛(サッカーダイジェストWEB)

2016年07月02日

鹿島――先制点を決めた赤﨑が唯一の及第点。

山本のクロスを左足で流し込み、ネットを揺らす。赤﨑の嬉しい今季初ゴールでリードを奪った鹿島だったが……。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

FW
8 土居聖真 5
良い形でボールが入ってくるシーンが少なく、見せ場は限られたものに。ドリブルを仕掛けても、相手の組織的な守備に潰された。
 
18 赤﨑秀平 6
山本のお膳立てから決めた先制弾は、嬉しい今季初ゴール。5試合ぶりの先発のチャンスに応えてみせた。後半はやや、勢いを失ったか。
 
交代出場
FW
34 鈴木優磨 5(64分IN)
FWでプレー。66分には遠藤のクロスに頭で合わせるも、枠を外す。貪欲にボールを追いかけたが、求められる仕事は果たせなかった。
 
MF
6 永木亮太 5.5(74分IN)
精力的にプレーに絡み、中盤の守備力を高める働きぶり。自身が投入されてからは失点を許さずも、攻撃面での貢献度は少なかった。
 
MF
32 杉本太郎 -(85分IN)
出場時間は10分にも満たないなか、状況を劇的に変えるようなパフォーマンスは見せられず。チャンスを演出できないままタイムアップ。
 
監督
石井正忠 5
試合の入り方で改善を示せず。終盤の攻めに出た時間帯でも、G大阪の守備網を崩す策が物足りなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【関連記事】
「汚れ役」が様になってきた柴崎岳が、またひとつ階段を上ろうとしている
金崎&土居+柴崎の「トライアングル」の輝きが照らす“ステージ連覇”
天真爛漫な金崎夢生。口では「分からない」と言いながらも、ジーコスピリットを体現
年間王者を意識する遠藤は紙一重の結果を反省「あそこで先にやられていたら…」
説得力のある小笠原満男の言葉。「本当の意味でのタイトル、喜びを味わえるように」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月4日発売
    ハーランド世代!!
    躍動する「2000年代生まれ」の
    若手逸材を完全網羅した
    「ヤングタレント大百科」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ