【浦和】三菱マークが消える? レッズが直面する3つの問題を改めて整理する

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年05月13日

もし「三菱」が浦和から手を引くことになった場合のデメリットも憂慮したい。

LED看板の「MITSUBISHI MOTORS」の広告も、9節以降は自粛により埼スタから消えている。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 一方、浦和のユニホームには、リーグ戦用は背中、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)用は一番大きな胸に、三菱自がスポンサーとしてついている。これらは、今シーズンは変わらないようだが、やはり来季の変更は免れそうにない。

 かといって、三菱自が浦和との関係を解消すればすべて収まる、という簡単な問題でもない。Jリーグ最多のサポーターに支えられていることに加え、J発足時から「三菱」という力強い支えがあったからこそ、安心して出資してきたスポンサーも少なくない。
 
 もしも三菱自が運営から手を引くことになった時、デメリットも少なくない点は憂慮したい。浦和の前身であった三菱重工など、三菱のグループ企業の動向も気になるところだ。浦和に対し、三菱のグループ企業4社(三菱商事、三菱地所、三菱重工、三菱電機)が、40株・1.25%(200万円)ずつを出資している。
 
 三菱自から浦和に出向しているスタッフは多い。また、淵田敬三社長も元関東三菱自動車販売(株)社長である。淵田社長は「三菱」が浦和とどのような関係を保つことができればベストなのかをじっくり時間をかけて(そこまで時間はないかもしれないが)、様々な関係者や機関と協議してもらいたい。
 
 改めて3つの問題について整理する。
 
①なにが今最も問題なのか?
 日産が三菱自を傘下に入れた。しかし三菱自は浦和の筆頭株主。Jリーグ規則の「1オーナー・1クラブ所有」に抵触する恐れがある。この点が最大の問題であると、村井チェアマンも認め、専門家と協議に入った。
 
②スタジアムから広告が撤去された。ユニホームは?
 三菱自は、埼玉スタジアムでの看板、電子掲示板、インタビューボードから三菱自の一切の広告を自粛(撤去)。一方、今季のユニホームのリーグ戦用の背中、ACL用の胸スポンサーは変わらない見込みだ。ただし、来季の変更は不可避。三菱マークが浦和から消える可能性は否定できない。
 
③浦和レッズから「三菱マーク」が消える?
 浦和にとっての三菱自は、一般的に言われるクラブの「親会社」とは異なる。筆頭株主ではあるが、最大の出資者は「ポラス」である。浦和の「三菱カラー」は05年以降、薄まってきている。
 
 とはいえクラブ発足時から支えてきた「三菱」が、もしもクラブから完全撤退することになったとすれば、どのようなデメリットがあるのか。三菱重工など、三菱のグループ企業の動向も気になるところ。どのような関係を保つことがベストなのか、時間をかけて考える必要がありそうだ。
 
【関連記事】
「世界で勝つために日本代表に必要なFWは?」中村俊輔に聞いてみた
【セルジオ越後の天国と地獄】敗戦でお祭りムードが消え、「アモーレ祭り」も終息だね
【浦和】梅崎、駒井、高木…リオ五輪候補の関根貴大が同僚から密かに盗むドリブル技とは?
【浦和】柏木、阿部に続く“第3の男”青木拓矢の逆襲。秘密兵器は「5本指シューズ」
阿部、興梠、そして…。失意の駒井がオフを活用して、浦和のゴールパターンを徹底研究

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ