阿部、興梠、そして…。失意の駒井がオフを活用して、浦和のゴールパターンを徹底研究

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年06月02日

2日間、少し客観的に自分自身の状況を捉えられる機会になった。

妻の誕生日を祝い、浦和の過去を動画をチェック。久々の2日間のオフ、駒井は「有意義な時間を過ごせた」そうだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 浦和レッズは久々となる2日間のオフを挟み、6月2日にさいたま市の大原サッカー場で全体練習を再開した。西川周作、遠藤航、槙野智章、柏木陽介と4人の日本代表がキリンカップに参戦するため不在。この日はフィジカルとランニングをこなす軽めのメニューをこなして、オフ明けの身体に刺激を与えた。
 
「ちょうど嫁が誕生日だったんです。バックをプレゼントしました」
 
 駒井善成はオフの間、妻の誕生日を祝うなど家族サービスに努めた。また、「楽しみながら、いろいろ見ていた」というのが浦和の過去のゴールシーンの動画だ。どのような流れからゴールが生まれてきたのか、次々に気の赴くままにチェックをしていった。
 
「阿部さん、興梠さん、それに原口さん……。とても参考になりましたね。『こういったプレーをしているんだ』と発見にもなって。楽しかったし、俺も頑張らないとなと思えて、とても有意義でした」
 
 ACLのアウェーのFCソウル戦では、途中出場から李の起死回生となるゴールをアシストした。しかし延長戦を経て突入したPK戦、チーム8人目のキッカーを務めて失敗。チームはトータルスコア3-3、PK戦6-7とあと1本及ばず、ベスト16で涙を飲んだ。
 
 帰国後の5月29日のJ1・14節の鳥栖戦でも、駒井は58分から途中出場。しかしゴールには絡めず、試合はスコアレスドローに終わった。
 
「点を取りたい気持ちは持っています。前へ『行きたい』と思う。もちろんその姿勢は大事だけれど、あまり自分はそういった想いを前面に出しすぎないほうがいいのかもしれない。まずチームに徹しながら、そのなかでどのように自分のプレーを落とし込んでいくか、それを考えながら取り組むほうが性に合っているのかもしれないと感じました」
 
 FCソウル戦でのPK失敗による“失意”がクローズアップされてきた。やはり本人はその責任を今なお痛感しているという。一方で、この2日間のオフ、少し客観的に自分自身の状況を捉えられる機会にもなったそうだ。
 
 駒井は言う。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ