阿部、興梠、そして…。失意の駒井がオフを活用して、浦和のゴールパターンを徹底研究

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2016年06月02日

2日間、少し客観的に自分自身の状況を捉えられる機会になった。

妻の誕生日を祝い、浦和の過去を動画をチェック。久々の2日間のオフ、駒井は「有意義な時間を過ごせた」そうだ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 浦和レッズは久々となる2日間のオフを挟み、6月2日にさいたま市の大原サッカー場で全体練習を再開した。西川周作、遠藤航、槙野智章、柏木陽介と4人の日本代表がキリンカップに参戦するため不在。この日はフィジカルとランニングをこなす軽めのメニューをこなして、オフ明けの身体に刺激を与えた。
 
「ちょうど嫁が誕生日だったんです。バックをプレゼントしました」
 
 駒井善成はオフの間、妻の誕生日を祝うなど家族サービスに努めた。また、「楽しみながら、いろいろ見ていた」というのが浦和の過去のゴールシーンの動画だ。どのような流れからゴールが生まれてきたのか、次々に気の赴くままにチェックをしていった。
 
「阿部さん、興梠さん、それに原口さん……。とても参考になりましたね。『こういったプレーをしているんだ』と発見にもなって。楽しかったし、俺も頑張らないとなと思えて、とても有意義でした」
 
 ACLのアウェーのFCソウル戦では、途中出場から李の起死回生となるゴールをアシストした。しかし延長戦を経て突入したPK戦、チーム8人目のキッカーを務めて失敗。チームはトータルスコア3-3、PK戦6-7とあと1本及ばず、ベスト16で涙を飲んだ。
 
 帰国後の5月29日のJ1・14節の鳥栖戦でも、駒井は58分から途中出場。しかしゴールには絡めず、試合はスコアレスドローに終わった。
 
「点を取りたい気持ちは持っています。前へ『行きたい』と思う。もちろんその姿勢は大事だけれど、あまり自分はそういった想いを前面に出しすぎないほうがいいのかもしれない。まずチームに徹しながら、そのなかでどのように自分のプレーを落とし込んでいくか、それを考えながら取り組むほうが性に合っているのかもしれないと感じました」
 
 FCソウル戦でのPK失敗による“失意”がクローズアップされてきた。やはり本人はその責任を今なお痛感しているという。一方で、この2日間のオフ、少し客観的に自分自身の状況を捉えられる機会にもなったそうだ。
 
 駒井は言う。
 
【関連記事】
【浦和】「人生、最悪の経験」15人目のPKキッカー駒井の身に起きた想像を絶する異変
【ACL】なぜ、GK西川がPKを蹴ったのか? しかしキック失敗より悔やんだのは…
【J1寸評&採点】鳥栖×浦和|守備の狙いがハマった鳥栖。浦和はACLの疲労が響き…
【J1ベストイレブン】”代表級”のプレーを見せた柴崎岳がMVP。快勝の広島、仙台から2名ずつを選出|1st・14節
【J1経営情報ランキング】浦和の営業収益が6年ぶりの60億円越え。広告料は名古屋がトップ。人件費は――

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ