• トップ
  • ニュース一覧
  • 初出場でベスト8のサプライズ! 名古屋の躍進を支えた大久保コーチ、注ぎ込んだ“青森山田イズム”「やっぱりまずは戦うことが大事」【選手権】

初出場でベスト8のサプライズ! 名古屋の躍進を支えた大久保コーチ、注ぎ込んだ“青森山田イズム”「やっぱりまずは戦うことが大事」【選手権】

カテゴリ:高校・ユース・その他

森田将義

2024年01月05日

「ここまでやれるとは思っていなかった」

2度のPK戦を制し、準々決勝に進出した名古屋。写真:梅月智史(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 大久保コーチが加わった初年度は、県予選の決勝まで進出。翌22年度は県予選の準々決勝で涙をのんだが、チーム力は着実に高まっていた。

 大久保コーチも週に1度、大学と被らないタイミングで指導するつもりだったが、「他のチームに追い付き、追い越すためにはちゃんと見なければいけない」と指導に当たる日数が週4日まで増えていったという。そうした積み上げが悲願の選手権初出場に繋がった。

 迎えた全国大会では、愛知県勢が7年連続で初戦敗退していたこともあって、前評判は高くなかった。

「愛知県の子たちだけでスタメンを組んでいては無理だと言われていた。それに大会前の露出も少なく、それぐらい期待されていないんだと感じた。県外のチームを知っている身としては悔しかったし、やっぱり歴史を変えないといけない」

 そう話す大久保コーチは選手に「不可能なことに挑戦しよう、可能にしよう」と声を掛けていたという。
 
 不可能を可能に変えた結果、初出場でベスト8という偉業に繋がった。選手権に出続けることが当たり前だった青森山田とは、また違う喜びも感じている。

「選手のことはもちろん信じていましたが、ここまでやれるとは思っていなかった。名古屋の子たちは本当に頑張って、コンセプト通り徹底してくれた。自分の色を出しつつ、この4試合でかなり成長してくれたので凄い」

 選手権という大舞台を経験し、チームと選手の意識は大きく変わった。これから名古屋への進学を志す中学生も増えるだろう。名古屋が常勝軍団への一歩を踏み出した。

取材・文●森田将義

「ハーフタイムに座薬を入れ...」名古屋GK小林航大がPK戦で気迫のセーブ!「サッカーの神様はいる」【選手権】

初出場でベスト8進出! 名古屋を牽引する原康介が遂げた“全国仕様”の驚異的進化「このままではいけないと...」【選手権】

【PHOTO】“選手権”から日本代表へ羽ばたいたヒーローたち! 当時の秘蔵ショットで振り返る!
【関連記事】
「ハーフタイムに座薬を入れ...」名古屋GK小林航大がPK戦で気迫のセーブ!「サッカーの神様はいる」【選手権】
初出場でベスト8進出! 名古屋を牽引する原康介が遂げた“全国仕様”の驚異的進化「このままではいけないと...」【選手権】
準決勝の2カードが確定! 青森山田対市立船橋のビッグマッチが実現、初の4強入りを果たした近江と堀越が激突!【選手権】
「高校の試合はまるでプロ」海外記者がハイレベルな選手権に驚愕!「日本は今、間違いなく最高のサッカー国だ」
「どえらい劇的AT弾」神村学園に逆転勝ち、初の4強入りの滋賀県代表・近江にファン驚嘆!「まじか すげえな」「サッカーめっちゃおもしろい」【選手権】

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ