• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜ長谷部誠の出番が激減したのか。“最少失点”のフランクフルトで際立つ新加入DFの存在感。新生ドイツ代表への復帰も現実味【現地発】

なぜ長谷部誠の出番が激減したのか。“最少失点”のフランクフルトで際立つ新加入DFの存在感。新生ドイツ代表への復帰も現実味【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中野吉之伴

2023年10月08日

新生ドイツ代表に推す声は少なくない

フランクフルトの堅守を支えているコッホ。(C)Getty Images

画像を見る

 ドイツ代表歴は8試合あるが、EURO2020以降呼ばれていない。フランクフルトで見せているパフォーマンスから、ユリアン・ナーゲルスマンが新監督となった新生ドイツ代表に推す声は少なくない。

 コッホ自身も代表復帰が目標だと明かしている。そしてそのためにも所属クラブで毎試合コンスタントに好プレーをすることの大切さをよく理解している。

「毎週毎週、自分のパフォーマンスをちゃんとピッチで発揮すること。また代表に戻るのは僕の目標だけど、でも決断をするのは僕じゃないから。選手として試合に集中して取り組むのが当然」
 
 1対1での守備力、191センチの長身を生かしたヘディング力、冷静で質の高いビルドアップからのパス能力、さらには3バックでも4バックでもどのポジションでも問題なくプレーできるフレキシブルさも魅力だ。

 ハンジ・フリック前代表監督は普段4バックでプレーしている選手を代表で3バックでもプレーできるようにとチャレンジしたが、代表ではそこまでの時間はない。普段から3バックでプレーしている選手を招集する方が順応はさせやすいはずだ。

 ナーゲルスマンによる初招集メンバーには選ばれなかったが、RBライプツィヒやバイエルンでは比較的頻繁に3バックを採用にしてきた指揮官だけに、今後リストアップされる可能性も少なくはない。安定した守備力を持った選手が求められているドイツ代表でコッホが貴重な戦力となるかもしれない。

文●中野吉之伴
【関連記事】
「めっちゃ上手い。まじで長谷部よりうまい」内田篤人が驚愕したなでしこ戦士は?「ビックリした。本当にすげぇ」
「お前、盛るなよ」「いや、言ってます」前田大然の“暴露”に鎌田大地が突っ込み!CLで対戦の2人が裏話を明かす
「他の選手にない守備意識」HT交代の遠藤航をリバプール地元紙は高評価!「より快適に6番の役割をこなせるようになった」
「思い浮かぶのは彼だけ」アーセナルOBがサカの代役に日本人アタッカーの獲得を提言!「108億円は必要」「エミレーツを輝かせる」
「クボは無敵の状態」逃がした魚は大きすぎた?古巣バルサの地元メディアが久保建英を絶賛!「MVPを獲得しない試合が奇妙」「偉大なスターに匹敵」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ