• トップ
  • ニュース一覧
  • なぜ長谷部誠の出番が激減したのか。“最少失点”のフランクフルトで際立つ新加入DFの存在感。新生ドイツ代表への復帰も現実味【現地発】

なぜ長谷部誠の出番が激減したのか。“最少失点”のフランクフルトで際立つ新加入DFの存在感。新生ドイツ代表への復帰も現実味【現地発】

カテゴリ:海外日本人

中野吉之伴

2023年10月08日

「ヒンターエッガーを彷彿とさせる」

開幕戦に途中出場して以降は出番がない長谷部。(C)Getty Images

画像を見る

 6節を終了したブンデスリーガでここまで最少失点をマークしているのは元日本代表キャプテンの長谷部誠が所属するフランクフルトだ。6試合で5失点というその堅守を支えているのが、新加入のドイツ人DFロビン・コッホだ。

 育成時代をトリーアで過ごしたコッホは、カイザースラウテルンを経て、2017年に選手育成に定評があるフライブルクへ移籍。名将クリスティアン・シュトライヒ監督の下で主力に成長すると、19年10月にはA代表デビューを飾り、21年のEURO2020のメンバーにも入っている。

 20年にリーズへ1700万ユーロの違約金で移籍してからは、智将マルティン・ビエルサ監督の下でレギュラーとしてコンスタントに活躍していたが、クラブは昨季19位で2部へと降格。今夏50万ユーロでフランクフルトにレンタル移籍を果たした。

 監督や首脳陣からの信頼はとても高く、すでに中心選手として欠かせない存在になっている。地元の『ヘッセンシャウ』紙は先日「プファルツからのヒンティ」という見出しでコッホを取り上げていたが、そのシーンはコーナーキックからの豪快なヘディングシュートでも、ビルドアップからの正確なフィードでもない。マインツ戦で0-1と相手にリードを許した前半終了間際、追加点のピンチになりそうな位置でボールを受けたマインツの韓国代表イ・ジェソンを激しいスライディングタックルで吹き飛ばしたシーンだったというのが興味深い。

 マインツベンチ前ということで相手選手やスタッフに猛烈な抗議を受け、主審もイエローカードを提示したが、絶対に突破させないという断固たる意志を感じさせるプレーに、ヘッセンシャウ紙は「かつてファンに愛された元オーストリア代表マルティン・ヒンターエッガーを彷彿とさせる」と賛辞を贈ったのだ。

【動画】長谷部誠のドイツ語インタビューをチェック
 フランクフルトがファンに愛され、さらにここ数年はヨーロッパに熱狂をもたらした背景に、チームが発する爆発するほどの闘争心があった。全力を出し、足を止めずに走り、身体を張って戦う勇士たち。特にそれを体現する存在としてヒンターエッガーはファンから絶対的な信頼を勝ち取っていた。コッホの姿をファンもそして地元ジャーナリストも、当時のヒンターエッガーと重ねつつある。

 マルクス・クレシェSDも「ロビンはピッチ上でもピッチ外でもチームを引っ張る存在となっている。若く将来性のある選手が多いフランクフルトにとって、彼のように経験豊富で、リーダの資質を持ったクオリティの高い選手がいることはとても重要だ」と称賛していた。

 長谷部が出場機会に恵まれないのは、コッホが優れたプレーを見せていることの表れでもある。
 
【関連記事】
「めっちゃ上手い。まじで長谷部よりうまい」内田篤人が驚愕したなでしこ戦士は?「ビックリした。本当にすげぇ」
「お前、盛るなよ」「いや、言ってます」前田大然の“暴露”に鎌田大地が突っ込み!CLで対戦の2人が裏話を明かす
「他の選手にない守備意識」HT交代の遠藤航をリバプール地元紙は高評価!「より快適に6番の役割をこなせるようになった」
「思い浮かぶのは彼だけ」アーセナルOBがサカの代役に日本人アタッカーの獲得を提言!「108億円は必要」「エミレーツを輝かせる」
「クボは無敵の状態」逃がした魚は大きすぎた?古巣バルサの地元メディアが久保建英を絶賛!「MVPを獲得しない試合が奇妙」「偉大なスターに匹敵」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ