【日本 3-0 イラン|採点&寸評】先制弾の豊川と2ゴールの中島は出色の出来。一方、守備陣は櫛引の好セーブに救われた印象も

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2016年01月22日

起死回生の決勝弾をあげた豊川が文句なしのMOM。

【警告】日本=遠藤(98分) イラン=ダネシュギャル(32分)、サゲビ(67分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】豊川雄太(日本)

画像を見る

値千金の先制点を決めた豊川。途中出場で大きな仕事をやってのけた。写真:佐藤 明(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[MF]
3 遠藤 航 5.5
相手の中盤を捕まえ切れずに自由を与える。1対1の攻防では身体を張るも、ポテンシャルを考えればもっとできたはずだ。
 
7 原川 力 5.5
落ち着いてパスを散らすも、36分にはクリアミスで相手にチャンスをプレゼント。セカンドボールもあまり拾えなかった。
 
10 中島翔哉 7.5
試合の大半は屈強なイラン守備陣に囲まれボールを奪われた。しかし、延長後半に圧巻の2ゴール。イランの息の根を止めた。
 
21 矢島慎也 5
ボールが足に付かず、ドリブル、クロスは雑に。期待された攻撃面でまったくと言って良いほど働けなかった。

[FW]
11 久保裕也 5.5
裏に走って縦パスを呼び込み、チャンスと見れば迷わずシュートを放つ積極性は見せた。とはいえ、80分に交代するまで前線でチームを牽引したとは言い難い。
 
20 オナイウ阿道 5
ボールは収まらず、守備でもプレスが遅れる場面も。空中戦の強さを見せたくらいで、前線の基準点としては機能しなかった。
 
[交代出場]
FW
16 浅野拓磨 6
84分にはドリブル突破から矢島へスルーパスを送るなど停滞していた攻撃に活力を加えた。延長戦で何度か迎えたチャンスは決め切めたかった。
 
MF
14 豊川雄太 7.5 MAN OF THE MATCH
室屋のクロスに頭で合わせ、値千金の先制弾をマーク。守備でも奮闘し、まさに勝利の立役者となった。

MF
8 大島僚太 -
3点をリードし、試合の行方が決まった後にピッチへ。遠藤に代わってボランチに入り、無失点で試合を終わらせた。

監督
手倉森誠 6.5
注意したいと語っていたイランアタッカー陣には多くのチャンスを作られたが、守備重視の選手起用で無失点で乗り切る。豊川投入が当たり、鬼門の準々決勝を突破した。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ